2017/04/15

スラブ叙事詩

仕事帰りに学生時代の友人と「ミュシャ展」を観てきました。
アールヌーボーのポスターがミュシャと勝手に思い込んでいた私には衝撃的な絵でした。

おびえる目

重なる遺体

Photo

顔のない顔

Photo_2

祈り




Photo_3

賛歌

Inori

展示会を観るとたいてい作家からのメッセージを感じますが、こんなに強く感じられた展示会はあまりないと思います。

「写実的だけどデザインされているよね」と友人から話かけられましたが確かにその通りです。
人物の表情や衣服はとても丁寧に細部まで描かれているけど、構図は匠にデザインが施され抽象的な部分も多くあります。

「民族の歴史を残したい。
歴史に名を残す人ではなく、そこに生きていた人々の小さな歴史を刻みたい。」
そんな強い気持ちでをもち、アールヌーボーのポスターで収入を得たミュシャは、スラブ叙事詩を描くために帰郷し16年かけてこれを描き上げました。

でも描き上げたときには時代が大きく変わり、すでに世間からはそのようなものは受け入れてもらえなかったと、途中で放映されていたビデオで知りました。

時をかけ、心血を注ぎ描いたものが受け入れられなかったときに寂しさはいかばかりだったか。

先ほど添付した作品の細部ではなく、全体の写真も添付します。
以下の作品は写真を撮ることが可能です。

1

2

3

5

4

「混むよ」と聞いており覚悟していたのですが、部屋も大きく絵も大きかったからかゆっくりと堪能できました。

後悔があるとすれば勉強不足の頭とオペラグラス。
どちらかがあったらもっと深くミュシャを理解できたかもしれないです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017/04/08

素敵な一日

昨日は仕事もそこそこにお出かけデーでした。(∩_∩)ゞ

午前半休をして「第24回日本陶芸展」を観に行きました。

001

いつもお世話になっている藤澤さんが入選されたからです。
前回すれ違いでお会いできなかったとんぼさんにも10年ぶりくらいでお会いしました。
地味な私の顔を覚えていてくださって感謝!(^^;

藤澤さんにもお会いでき、作品の紹介と他の先生の作品の説明をしていただきました。
やっぱり陶芸のお話は深く楽しいです。

その後ちょっとだけ仕事をして今度は神楽坂でギャラリーを開催中のTOKIKOさんのところへ。

こちらもお久しぶりお会いし、欲しかった夏使用のお洋服をゲットしました。ヽ(^0^)ノ

迷って白のパンツ。
いつも通り甘えて試着をしていたら、どこかで拝見したことのあるお顔の方が来店。
「どこでお会いしましたっけ?」とお互い初対面では無いことを知っているけど、ではどこ?が解らない。
そしたらまぁびっくり!
同じ陶芸教室の先輩でした。

いつもはエプロンして汚い格好だから解らないのね!(笑)
と結論。
人とのつながりは狭く不思議なものですね。

その後千鳥ヶ淵に夜桜見物へ。
こちらも一年ぶりの再会のひぐらしと。

九段下を降りたときは花と同じくらい人、人、人。
みなスマホやカメラを片手に手を伸ばし写真を撮ります。

暮れなずむ千鳥ヶ淵の夜桜です。


Photo


Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_9

Photo_10

靖国神社は閉まっていて参拝はできませんでしたが、門の向こうには満開の桜が淡いピンクで満開でした。

その後神保町まで歩き居酒屋で乾杯。(^^;
昨日の歩数は17,181でした。

いっぱい歩いた後の一杯(ぢゃ済まなかったけど)うまかったなぁ~~~!(笑)

今日お会いした皆さん。
本当にありがとうございました。
素敵な一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017/04/02

お花見~千鳥ヶ淵~

お花見に行きたいなぁというOG会のSNSに乗っかって、千鳥ヶ淵に行ってきました。(*^-^*)

満開には後一歩
でも、本当にきれい。

いままでは花筏で水面がいっぱいになる頃にしか行かなかったら、しっかりと花がついている季節は初めて。
お天気も味方して暖かくて気持ちよかった。

015

016

030

ボート乗り場は長蛇の列。
でもお堀から見た眺めは絶景でしょうね。

週末は夜の千鳥ヶ淵に行こうと思っています。
もうしばらく頑張って木にくっついていてね。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017/03/31

エルミタージュ展

昨日までの暖かさはどこへやら、再び冬モードの中森アーツ美術館で開催中の「エルミタージュ展」へ行ってきました。

Photo

世界の三大美術館があちらからやってきてくれているのを観に行かないなんてことはないよね!ってことで、ポピンズさんと観にいってきました。

エルミタージュとはフランス語で「隠れ家」という意味だそうです。
女帝エカテリーナ2世は、「このコレクションを知っているのは自分とねずみだけ」と言っていたそうで、一人で鑑賞しては悦に入っていた様子を思わず思い浮かべてしまいました。(笑)

今回の展示の作品はエルミタージュの常設展示の作品ばかりだそうですが、やはり生で観ることができる幸せは言葉に言い尽くせません。
素材の質感や空気までも運んでくれるような絵画の数々に、時を忘れその世界に迷い込んだような気分でした。

運良く今日は空いていて、前の人を気にすることなく絵の真ん前で素晴らしい作品をゆっくりと鑑賞できたのも嬉しかったです。
こんなにじっくりと作品に向かい合えたのは久しぶりです。
これでもう少し照明が良かったら・・・と思うのは贅沢?

展示をゆっくりと鑑賞した後はランチ。
美術館の隣のレストランの窓際の席でいただきました。

Photo_2

あいにくの曇天ですが、右に東京タワー、左にスカイツリーが見えます。

Img_1195

Coofe

お土産にポピンズさんから手作りの品々をいただきました。

Photo_3

ふわふわと軽くて、ほんのり桜の香りのシフォン
若冲のような切り絵の作品
いちごジャム

目も心もおなかも満たされた一日でした。

これでお仕事に途中から行く羽目にならなかったら、もっと幸せだったかも。(;´д`)トホホ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017/03/05

黄瀬戸茶碗

昨年からチャレンジしていた黄瀬戸の茶碗の焼成ができました。

黄瀬戸って釉薬が難しいんだなぁと実感!(v_v)
手の跡が残ってしまいショックだった・・・

とはいえ、私にはかわいいこになりました。


201734

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017/02/13

小樽

前日の疲れは一晩寝たら復活できたものの、インフルの娘は咳が酷いそうです。
とはいえ、処方された薬を飲んでひたすら寝るしかないでしょう。
それにしても後期試験のまっただ中、よりにもよってインフルになるなんてアホだ・・・(v_v)

とりあえず娘の洗濯物を終わらせ、のんびり寮に一緒にいても試験の邪魔だと言われて、以前からの予定通りこの日は小樽まで行くことにしました。

道産子のCherryから予めこんなルートでどう?と言われた物を忠実に歩いてみました。(∩_∩)ゞ
だって、超方向音痴だもの、寄り道も、開拓も無理無理!
小樽を降りたら運河に向かって歩き、そこから境町通りを散策しつつ歩くコースにしました。

16708356_1946606448902034_446025421

小樽運河です。
人は多かったけど静かでした。

そのあと「かま栄」の工場直営店まで歩き揚げたてのかまぼこを食し、(これがほんとに揚げたてでおいしかった!)北菓楼でシュークリームを食し、LeTAOのお店を眺めて北一硝子のお店も一通りみました。

そこから境町通りに出て、人も賑やかでどのお店を観ようかなと思っていたらわっさわっさと雪!
そりゃ雪国だもの、雪くらい降るよ!
とは思っていたけど、いやはやすごい!

途中、オルゴールのお店で演奏を聴きました。


074

これはからくり人形とオルゴールのセット。
少年が持ってるのはパン。
戸棚を開けてジャムをとろうとするとまずハエが出てきてビックリしてジャムが取れない。
でも、はえがいなくなったからもう一回とろうとするとおばあさんが出てきて少年を叱る。
「ボクはパンに塗るジャムが欲しいんだよ」と言うけどあえなく撃沈。
そんな少年をあざ笑うかのように足下のリンゴにねずみが出てくる。

オルゴールと共にそんなからくり人形が織りなす物語。
どんな人がこれを観て聴いたのでしょう。

表に出るとまた雪!
とりあえず駆け込んだお店は事前にCherryから聞いていた「お父さん預かります」の昆布のお店

078

買い物に忙しいお母さんのおつきあいは疲れちゃうと言うお父さんを預かってくれるお店。
でも、買い物に夢中のお母さんももちろんOK
と言うわけで昆布茶を頂き、がごめ昆布のお味噌汁を頂きしっかり暖まってきました。(^▽^;)

表に出ると降り、入ると小休止。
私は雪女か!ヾ(`◇´)ノ彡☆
と思いつつ、帽子をしっかりかぶり最後は三角市場で遅いお昼を食べました。

087

待った甲斐があった、お刺身定食1300円なり。
これだけボリュームがあってこのお値段。
しかもおいしかった!

超満員でなかなか入れなかったけど待つ甲斐のあるお店でした。

すっかりインフルの娘の存在を忘れて、帰りの新千歳行きの電車に乗っていきなり爆睡。
気がつくと人がみんな降りていく。
見れば「さっぽろ」
なぜかそこで「降りなきゃ!」と飛び降りたアホです。(v_v)

そのままおとなしくしていれば新千歳まで座って行けたのに、とびおりたばかりにそのまま立って新千歳でした。(v_v)

以前札幌の朝市で食べたときよりずっとおいしかった。
また行きたいなぁ。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

札幌雪祭り

札幌雪祭りに行ってきました。

いちど自分の目で見てみたい!
と思っていたので、2ヶ月くらい前から勝手に計画をしていってきました。

ところが、その少し前から娘がインフルエンザ。
寮生活で、その部屋に泊めてもらおうと思ったのだけどそれは危険!
でも、熱もあるらしいし心配だから差入持っていきたい。

そんなわけで急遽あれこれ買い込んで娘の所に行きました。
でも、その前に初めて観る雪像にワクワクでした。o(^O^*=*^O^)o

012

023

053

040

030

紹介しきれないくらいたくさんの雪像。
周りには美味しい屋台。(笑)

010_2

湯気は香りと共に胃袋を誘います。

一通り観て、娘の寮へ行きました。
プロジェクションマッピングも実は初めて観て、うまくできているなぁと感心してしまいました。(笑)



この日は仕事を半休にしてきたのでほぼへろへろ状態。
寮へ行き、お風呂に入ったらほぼ爆睡でした。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017/01/29

テーブルウエアフェスティバル2017

今年も入選された藤澤さんからチケットをいただき、一般の方より一足先にドームに入ることができました。

ありました!
藤澤さんの作品
「彩泥釉線盛文組盛器 ○・△・□」
私の大好きな仙厓と同じです。(*^-^*)

Fujisawa

写真が下手でごめんなさい。
吸い込まれそうな渦は、釉薬で一線一線手書きで描いたものです。
一つでも大変なのに、3つもなんてすごいです。

007

今年もこの方がお見えになっていらっしゃいました。
SPの多さが昨年より半端ない!
昨年までは一般人のそばまでいらしたのに、今年はガードがすごい!

それにしてもいつお会いしてもお帽子が素敵です。

011

今年は地味にかわいい黒柳徹子さんのテーブルです。
ビーズの作家さんとのコラボでした。

008_2

お庭もありましたよ。
土とお花の香りでいっぱいでした。

今年は新年早々に孫誕生で、男子なので兜を作ろうと思っています。
それで作品をチェック!(^_^;)
今作っている物が落ち着いたら作ろうと思っていますが、すごく楽しみです。(o^^o)(o^^o)

049

そしてチケットをいただいた上にいつものように土鈴を頂いてしまいました。
ことしはレグホンです。
かわいい!

空を飛んできた鶏ですね。

作品のお話もお聞きして、また今年も頑張ろうと思いました。
ほんとうにありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017/01/21

リム付きの洋皿

今年2回目の陶芸でした。

以前の職場の方から、「リム付きの洋皿」を依頼していただき、ウキウキしながら作ったのですが、うぅ~~~ん、軽くできた方に歪みが出ちゃいました。(v_v)

207

リムの部分に飛びカンナを入れ、白い器でと言うことだったので、白信楽に白化粧して飛びカンナをリムの部分だけにいれました。

遠目ヨシではなく、近目ヨシにしなきゃというのが目標なのに・・・(;´д`)トホホ
薄くしすぎたのが原因かも。(v_v)
これよりワンサイズ大きめの物も作る予定です。
大きいのは難しいから、益々歪む可能性が出ちゃうかも・・(ーー;
以前先生から、高台を二重にすると良いとお聞きしたので、もしかしたらそうすれば歪みは出ないかもしれないですね。
次回再チャレンジです。

それにしてもリム付きは初めてで楽しかったです。
新しいことも楽しいですが、今日は久々に蛍手の穴あけもしました。
やはり予め考えていかないとだめですね。
あれこれ反省の多い年明けの陶芸です。
落ち着いたら今度は兜と鯉のぼりを作ろうと思っています。
初孫の初節句用です。
それが終わったらお食い初め。
婆迷惑とは思いつつ、ちょっと浮き足立っています。(笑)

楽しいけど難しい。
できそうでできない(のは能力がないからだけど)
だから楽しくてやめられない。

今年も楽しみながら、大事に作品と向き合って作っていきたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017/01/01

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年も穏やかな新年があけました。

54b36f45c38f45d0a8482c10950f57bb

今年も例年通り浅草寺と近所の天神様と鎮守様にお詣りして、実家におせちを持っていきました。

が、何を焦ったか、広げていきなりたべてしまいお重のお写真を撮り忘れ。(v_v)
それで残ったお料理を以前作った萩と織部の器に載せてみました。

62e0a8deb6014d65b2d674df34aecc23

0909579bcd094fe28dc586a860500746

昆布巻きはきれいに食べてしまい、きんとんは実家においてきました。
今年は新たなチャレンジに蛸のやわらか煮を作ったのですが、イマイチ処かイマ十くらいの失敗作になってしまいました。(v_v)
それが残念でしたが、他はいつも通りでした。(^^;

今年も使える器が目標です。
色々な器を作りたい。
日々の生活の中で使える器を作っていきたい。
一つでも多くの使える器を作れたら良いなぁ。










| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016/12/25

クリスマス

今年は二人の子供もいないし、静かに何もないクリスマスの予定でしたが、嫁に行った娘が帰省してきたのでちょっとごちそうしようとがんばってみました。

20e3556ed72644c8828766df5ab14a5d

15af62dd4a274ee08271f13ac5cef3f5

お祝い事もあったのでお赤飯を作ったりましたがそれが大失敗。
お赤飯の香りで娘がknockdown
ただでさえ具合が悪かったのに拍車がかかってしまいました。(ーー;

ワインもない(入れ物を用意して待っていたのに、夫が忘れて帰宅するし・・)、ケーキもない(代わりにババロアにしましたが)、食事もそこそことちょっと悲しいイブでした。(v_v)

連休は大掃除に終われています。
相変わらずのわからんちんの経理は年末は大忙し。
年末調整と年明け早々の監査準備。
あと3日のお仕事をこなして、正月は寝正月にしたいなぁ。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/12/21

今年最後の陶芸

今年も残すところ2週間を切り、大掃除をしなきゃと思いつつ、今年最後の陶芸教室に行ってました。

今年は少しはまともな器ができたかな?と勝手に思っていますが、実際に手に取ってみると「ここはこうすればよかったかな」と、反省というか後悔が残るものも多いです。(v_v)

まぁ、次回!
と言ってもう何年になるやら・・・(^^;

その教室で「もう神棚のお飾りもできなくなってしまった」という年輩の先輩の話を聞きました。
大掃除をボチボチとしながら、こんな高いところに登って掃除するのもいつまでできるやら。
陶芸もいつまでできるやら。
と思ってしまいましたが、それでもできる間はボチボチでもやっていきたい。

今しかできないことを、今やらなきゃいつやるの?ですよね?(^▽^;)

さて、その陶芸教室ですが、「年末まで焼成は無理かな。取りにきてもらいことになるかも」
と言われていた干支の焼成ができていました。

ギリギリかと思っていただけに嬉しい!ヽ(^0^)ノ

Photo

箸置き

3

ぐーぐーがんももどき

最初に作った子を入れて3種類つくりました。

少しずつ進化したかな?
でも、進化途上の子もかわいいって思う私は親ばかです。(∩_∩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/12/11

師走

師走というのに今日は暖かです。
なかなか降りていらっしゃらないお掃除の神様に無理無理降りてきていただき、
庭掃除に着手しました。(笑)

庭には1本、ものすごい渋柿があり、今年は久々に鈴なりです。
毎年鳥に食べさせてあげるのですが(選定しない言い訳です)今年は夫が「干し柿を作りたい」と言いだし柿を収穫しました。

Photo

これは半分。
でも、干し柿にするとは知らないでパキパキ収穫したのでひもにつるす枝がない。

そんなわけで、これは干し柿ではなく焼酎漬けにするそうです。(笑)
以前、何度か焼酎漬けにしたのですが全く渋が抜けなかった頑固な渋柿。
今回はうまくできるかな?(^^;

庭とベランダの掃除とワックスがけをしたら疲れ果ててしまった。(v_v)
今日はもうお終い!(∩_∩)ゞ

先週作った酉は上絵をして焼成待ち。
別なデザインは還元なので年末待ち。
先週作ったリム付きの器は高台を削り白化粧したところで終了。
年内に飛びカンナまで終えて年を越せそうです。

最後に我が家の食いしん坊。

Nowa

夫の隣に座りじっと我慢の姿。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/12/06

バッグ

待ちに待ったNawoさんのバッグが届きました。

15355586_1908222076073805_301316158

オールシーズンOKだし、何よりも軽くて肩こりの酷い私には本当に助かるバッグです
見た目は小さいけど、容量もたっぷり!
今までのバッグの中身が全部入ってさらに余裕ができました。

素敵なバッグをありがとうございました。(*^-^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/12/03

陶芸

月3回の陶芸はやっぱり待ち遠しくて足取りも軽いです。(笑)

好きだけでこんなに続いている物は何もない!
そんなこと自慢してどうする?ですが、下手の横好きでも私は粘土を触っている時間が一番好きだなぁ。

そうやってガラクタを量産していてはいけないと反省したこの数年。

さて、今年は少しはまともな器が作れたのかな?

先日来3種類の干支の酉を作っています。
そして今日は最後のパターンに色づけでした。

Photo

年末に焼き鳥になります。(笑)

そして今回初チャレンジの皿です。

Photo_2

奥の赤土の皿は別の人のですし、右のきれいな器は先生のです。(^^;
クラゲになった皿が一つ。
後は何とか生き残りましたが、難しかったです。

リムと呼ばれるこの渕作りは、時間との勝負ですね。

ところで昨日、この子が上野にいました。

Pannda2_2

眉毛が情けないのですが、とても愛想の良い良い子でした。(^^;

そして「年齢当てクイズ」というのをやってみました。
「僕の顔を見て」と言うので、穴の空くほど目を見つめてあげたところ、年齢よりずっと若く年を言い当ててくれました。(笑)
ほんとに良い子です。

師走に入りましたね。
一年一年が早い。
今年は少しはまともな器ができたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/11/27

一泊二日 札幌の旅 2日目

初日は4時に起きでほぼ丸一日動き回り、目は食べたい!飲みたい!でしたが結局お歳には勝てずホテルに帰りいつの間にか爆睡。
翌日は早朝からおなかが空いて目が覚めちゃいました。(笑)

そんなわけで7時前からホテルから歩いて行ける二条市場へ。

ふらふらとまだ準備もできていないお店を見て回って、一軒だけ「開店中」のお店に入って海鮮丼をいただきました。

Photo_12

おいしかった!
一つ一つの具材が生きていて、喧嘩しないで美味しく収まっていてあっという間に完食してしまいました。(^^;
これに蟹汁がついてきました。

帰りに昨日の大通り公園は昼はどんな様子なのだろうと観にいってみました。

Img_0632_3

手前のツリーが赤く輝いていて、奥の白いのが金色に輝いていたんだ!
と、昼と夜の違う顔が見られてちょっと楽しかったです。

一泊二日の若干駆け足の度でしたが、Cherryのおかげで満喫できました。
本当にありがとうございました。

次回こそ、ビール工場へ行かねば!と、熱く心に誓い帰路につきましたが、前回もでしたがANAはどうも相性が悪いのか、乗ると必ず耳が変になります。
単純にふさがった感じではなく、非常に耳が痛むのです。
他の飛行機に乗ってもそのような経験がないのに、ANAだけは毎回というくらい耳が痛みます。
これって通る高度や経路の問題なのかな?

でも、安くいけてANAホテルにも泊まれて、Cherryにも会えて楽しい旅でした。
まだまだ娘は北海道で暮らすし、育大義名分はいっぱいある!(^^;

おいしくて楽しい北海道、次回はもう少し長く行って愉しみたいなぁ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

一泊二日 札幌の旅 1日目

今年も札幌で開催されているミュンヘンクリスマスへ行くべく、札幌へ行ってきました。
今回はお泊まりで!(*^-^*)

今回のメインは昨年と同じくミュンヘンクリスマスだったのですが、まずは大義名分の娘の寮へ。(∩_∩)ゞ

ご挨拶をしたあと、一緒にランチにラーメンを食べ、行きたかったビール工場へ!と行く気まんまんだったのに、どこで間違ったのかサッポロファクトリーへきてしまいました。(笑)

もうここではビールを造っていないのだけど、とりあえず一杯!
ってことで生ビールを一杯飲んじゃいました。(^^;

表にはサンタさんが煙突に登っていたのですが、別な人にも見えちゃいました。(笑)

Photo_2

13時半にCherryとの待ち合わせがあるので急ぎ札幌駅へ。
その後は観光バスで大倉山と羊蹄山のクラーク博士に会いにいくツアーに参加しました。

以前、娘と大倉山に来たときはリフトが調整中で動かなくて下からだけの見学でしたが、今回はリフトに乗り上までいくことができました。

Photo_3

吸い込まれるような高さ。

ここから飛んでいく時、それは恐怖ではなく、昨日よりより遠くへという希望でいっぱいなんでしょうね。

そこからバスでそれほど遠くなかったと思うのですが、まだ4時なのにクラーク博士に会いに行ったときにはもう日も暮れかかってきました。

Photo_4  

遠くに札幌ドームが銀ピカピカに見えます。(^^;

バスに揺られて早朝から出発したので気持ちよくうつらうつらしつつ再び駅へ。
スープカリーを経験しました。

Photo_5


おいしい!
揚げた野菜と、とろとろの豚の角煮、大きな海老に海老味のスープ。
スパイシーで、身体がほかほか。

さぁ!ホットワイン飲んでもっと暖まらなきゃ!ヽ(^0^)ノ
と、大通り公園のミュンヘンクリスマスへ。

Photo_6



Photo_7


Photo_8

Photo_9

Photo_10


Photo_11


5

このパエリア、今年はおなかいっぱいで食べられなかったけどおいしそうでした。

今年はスープカリーでおなかもいっぱいで、目はすごく欲しがるんだけど結局ホットワインとほっとサングリアだけ。
でも、あまくておいしくて寝不足でぼーっとしていなかったらもっと飲んでいたかったかも(笑)

続く


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/11/20

山岸凉子展

弥生美術館で開催中の「山岸凉子展」を、学生時代の先輩・後輩と一緒に観にいってきました。

Yamagisiryouko

久々に観ました。「アラベスク」
懐かしい!この絵!ヽ(^0^)ノと、反応しつつも、山岸凉子ってほんとにすごい!と再認識しました。
原画の美しさ、その瞬間を捉えた繊細な動き、語らぬ紙面から語りかけられるような表情に、こんなにすごい作家だったんだ!とほんとにいまさらながら感動しました。

ミュッシャのような、日本画のような、そのどちらでもな独自の世界観。
美しかった・・・
ご本人もバレエを習っていたからこその動き、デッサン力のすばらしさ。
まさに絵のチカラだったのですね。

しかし、この美術館の展示方法がちょっと・・・(ーー;
もっと間近で観られるようにして欲しかったなぁ。

来館者はほぼ同世代のご婦人ばかり。
みんな、同じ時代を、同じフィルターを通してこの世界観を観てきたある意味仲間かな。(^^;

懐かしい想いで心も満腹になり、こんどはおなかを満たすためにランチを。
6人では入れそうなお店でランチをいただきました。

Ranti

Photo_3

ランチだけにしようかと思っていたら、あれ?先輩、ワインで乾杯しているし。Σ(|||▽||| )
じゃあ私も!ってことでしっかり昼間っからワイン飲んじゃいました。(^▽^;)

下調べなしで入ったお店でしたが、美味しいお店でした。

そのあとポケモン組とお帰り組とに別れて、私はポケモン組に加わり二重橋へ。

Photo_4

東京だよおっかさん!
と思い浮かべる昭和歌謡で育った私。(笑)

紅葉も進み、お天気も良かったせいか人も多かったです。
新種もゲットでき、久々に1万歩歩き良い運動になりました。

地図も読めない私をナビしてくれたお二人、本当にありがとう!

最後に、展示の途中に山岸凉子のコメントの中に
「自分の絵ではない絵を描き漫画家になったけど、ここで自分の絵にしなければと思い描いたら、『こんな獣のような鼻』とクレームが来たけどそれでも屈せず描き続けてきた。」というようなことが書いてありました。

頑固に自分を通すことも大事だし、妥協することも大事。
まだまだですね。σ(^^)


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

焼き鳥(^^;

先日来、チームニワトリの一人になって来年の干支造りに励んでます。(笑)
そしてまずは第一弾。
いかにもニワトリらしく真っ赤な鶏冠の子ができました。
立派な鶏冠の羽の下にはかわいいひよこ。
そうです、育メンニワトリの干支です。(笑)

Photo

第二弾は青磁で単色に仕上げようかと焼成は年末になるそうです。
そっちは夫婦ニワトリ。
そして今日、第三弾を作陶してきました。
その子は卵型のやはり育メン。
鳥らしく羽ばたいている子です。(笑)

皿を作る時よりやはり楽しくできる私って、つくづくさらに向いていないだなぁ。(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016/11/15

美術館巡り

仕事を半休もらって、午後ポピンズさんと美術館巡りをしてきました。

まずその前にはらごしらえ。
お写真を撮るより食べることに夢中で写真はありませんが、行きたかった上野駅中にある「Brasserie Lecrin 」で昼間っからリッチにフレンチをいただきました。
おいしい!
先に並んで待っていただいていたおかげで、たいして待たずに入れたのですが、食事が終わって出るときには平日というのに表は長蛇の列。
でも、納得のお味でした。(*^-^*)

さて、今日の目的地は石洞美術館菊池寛実美術館 のはしごです。(∩_∩)ゞ

まずは上野から京成電車で石洞美術館のある千住大橋へ。
未踏の地千住大橋。
平日だからか人が殆どいません。
でも駅近にある石洞美術館はすぐに見つけることができました。

Img_0467

作品群は充実しており、どれもすばらしかったです。
古染付の器はどれもほぼ完成形で残っており、17世紀の景徳鎮の器を目にすることができます。
向付けは作ったばかりだからか直興味深く感じ、造形にも、描かれた絵にも悠久の歴史を感じられました。

さて、どうやって次の目的地に行く?
と、美術館の方に伺ったら路線バスがあるとのこと。
それで北千住に行き、そこから日比谷線で行けば良いねといざ出陣!(笑)
小さめの路線バスに揺られ北千住駅に着くと、さっきとうってかわって人がいっぱい。

そこからのんびりと日比谷線で揺られ神谷町で下車し菊池寛実美術館へ。
いきなり目に飛び込んだのは、三輪休雪大先生の金ぴかのカップ。
まぶしい・・・・

先日教室で、キャプションの付け方には2種類あり、1つはその作品のイメージで名付ける場合と、1つは技法をそのまま名前にする場合とあると。
ここに並んでいる作品群は、作者のイメージで付けた名前が多くあると思いました。

最後に観た「蒼き狼」は圧巻でした。
そのフォルムも、釉薬の色も、ほれぼれしてくるくる作品の周りを回ってしまいました。(笑)

こうやって良いものをたくさん観て勉強している割に自分の作品に投影できないのは技術不足ですね。
最近は残り時間を切立の器を作る練習にあてています。
まだまだだけど、厚みが均一になってきてちょっと嬉しいです。

帰りがけ、大きなツリーを見つけ思わずカメラを構えてしまった。(^^;

Img_0473_3

今年もあとわずか、年始の誓い「丁寧に作る」は少しはできたのだろうか?

また来年お年始の誓いも同じ気がするけど、大事に大事に作っていきたいです。

ご一緒してくださったポピンズさん、
チケットをくださったCさん、本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/11/12

焼成

先日作った茶碗の続き

黒化粧で書いた猫の茶碗です。

Img_0404

Img_0406
欲しい人いるかな?
ふた付きですが、蓋の部分に気づかぬうちにひびが・・(v_v)

体勢に影響はないとは言えショック・・・

蓋に後ろ姿
中に顔。
そして中に魚

遊びました。(笑)

ひびがあるのでほんとは差し上げられる物ではないのだけど、もしよかったらどなたかもらってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/11/05

焼成

時間をかけて作ったワインのゴブレットと夫婦茶碗ができました。

Img_0378_3

実はこのゴブレット、一部薄くて先生のお弟子さんから「垂れ下がるから作り直した方が良い」と言われたのです。
しかたない、作り直そうと思ったら、先生から「大丈夫だよ」と。

そして焼成。
先生を信じて大正解!
全く垂れることはありませんでした!

このゴブレット、足の部分に御本が出てほんのりピンクになりました。
全部同じ色になる物だと思い込んでいたのでちょっとびっくりでした。
還元ってやっぱりおもしろいですね。

Img_0384_2

こちらは娘達用の夫婦茶碗。
弁柄がちょっと濃い感じもするのだけど、中には御本が出てかわいいピンクです。


今日は黄瀬戸の高台を削ってきました。
黄瀬戸は青磁にあこがれて作ったそうで、(それでこれ?)そにかくきれいに作ることが大事だそうです。

そしてニワトリも作ってみました。
先生の真似した2種類。
頭に描いたニワトリもいたのだけど、それは次回かな。(*^-^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/11/03

芸術の秋

抜けるような青空。
久々に横浜まで行ってきました。
ほんとに空がきれい。


Img_0345

息子夫婦とも久々に会ってお茶をした後、しかこさんも参加している赤レンガ倉庫で開催中の猫展に行ってきました。


Img_0350


あっちをむいても、こっちを向いても猫・ねこ・ネコ!≦(∩ェ∩)≧...ニャン

Img_0351

七宝焼きのかわいい猫のアクセサリーに一瞬心を奪われそうになったけど、前職場の方とパンケーキランチが待っている!と、息子にナビさせ元町中華街へ。

Img_0359


Img_0357_2


クロックムッシュと、キャラメルパンケーキ

まだ、ハラ6分・・・(^^;

と食欲の秋と、この後ごま団子、角煮まんを食べて「室内楽の夕べ」を聴きに。

かわいいお嬢さん方の、あつい熱のこもった演奏は心を揺さぶり、その音色は心に響きました。
素敵な演奏をありがとうございました。



Img_0377


コンサート前に、「アメリカっぽいパンのお店」と紹介していただいたお店で買ったパンはとてもおいしかったです。
クロワッサンのような、お菓子のような、不思議な味でした。

ご一緒してくださった方のお庭で採れた月桂樹の葉っぱと、シークワーサーと、お菓子をお土産にいただいてしまいました。

生のシークワーサーも、月桂樹の葉っぱも初めてです。
お菓子もおいしそうだし、芸術の秋より食欲の秋?(笑)


2016113

元町の駅までの帰路はもうすっかりクリスマス。
芸術の秋より、食欲の秋。
そして季節は着実に冬ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/10/29

古書祭り~神保町~

数年ぶりに神保町の古書祭りに行ってきました。
昨日は美術館巡り、今日は古書祭りとお出かけ連ちゃんです。(^^;

Img_0321

私が学生時代は、ただ古書を売っているだけでしたが、この数年は屋台もいっぱい出てお祭りモード。
それにしっかり乗せられ飲み食いしつつ古書を物色。(^^;

数時間、うろうろと欲しい本はないかな?と探してこれをみつけました。

Photo_2

若冲の天井画の図録と、墨絵の画集。
参考になりそうな図案がいっぱいです。
これがあったからと言って何がどうなるわけじゃないけど、参考になりそうです。

それとこのポーチですが、いわゆる「付録」の販売です。
パッケージには知らない雑誌名と、「○○とのコラボ」
これまた知らないブランドらしき名前が記載されただけ。
中身は何?
と、スマホとりだし、なるほどこれですか?
じゃあいらないとか・・・(笑)

これはスマホで見る限り、「おばちゃんがもっていても大丈夫だろう」と判明!
200円でゲットです。(^▽^;)

概ね半額かそれ以下で販売されている本。
文具、紙類などいくつか購入して「Tea House Takano」でお茶を。

Img_0323

ロシアンティです。
薔薇のジャムがおいしい。

おしゃれなお店でまったりお茶をした後に、やっぱりちょっとだけ飲まない?と
カギロイ」で乾杯!
味噌がほんとに美味しかった。


Img_0326

連ちゃんでしっかりガス抜き。(笑)
明後日からまた頑張らなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/10/28

仙厓展~マリーアントワネット展、美術館のはしご

嵐の前の静けさ、仕事が忙しくなる前に、
久しぶりにポピンズさんと美術館のはしごをしてきました。

最初に訪れたのは出光美術館で開催中の、私の大好きな仙厓の「大仙厓展」です。

Img_0314_3

もう5~6年程前に後輩のCさんから出光のチケットをいただき、そこで出会ったのが仙厓でした。
そのエスプリとユーモアに満ちた書と絵が私の琴線に触れ、殆ど一目惚れ状態だったのでした。(笑)

最後の方に展示されている作品のどれもが大好きな作品ばかりで、今回それに「さじ加減」がプラスされました。(笑)
含蓄があります。(^^;

今日はCさんとも偶然お会いできて嬉しかった!
本当にありがとうございました。

その後、以前の職場の方とランチをと築地まで行きました。
懐かしい話に花が咲き、職場訪問で以前の職場の方とも再会でき、たまたま通りかかった上司とも再会でき楽しい時間でした。
ありがとうございました。

当初、「菊池美術館」に行こうと言っていたのですが、雨が激しくなり築地からだと六本木の森美術館の方が便利だねという話になり急遽「マリーアントワネット展」へ。

正直仙厓に会えることで身も心もいっぱいだったため、マリーアントワネットのことはすっかり忘れていました。(∩_∩)ゞ
でも行ってみると「ベルバラ」の世界に一気にワープ。(爆爆)

20161028

「デュバリー婦人ってすごくかわいい!」とか、
「63歳のルイ15世って素敵すぎでしょう!」とか、
「ルイ16世、漫画と違う!意外とイケメン!」とか、
「フェルゼンってただの遊び人って顔じゃない?」とか、
漫画からのみ得た知識を塗り替えられず、違う!とひとりぼそぼそ連発し、「漫画とは違うでしょう」とポピンズさんに指摘されていました。(^▽^;)

展示をゆっくりと観ていく中で、漫画とはもちろん違う本当のアントワネットを垣間見ることができ、その壮絶で悲しい人生を一緒に辿りながら、いつのまにかアントワネットに寄り添っている自分がいました。

フェルゼンやルイの妹への手紙には、女王ではなく一人の人間として、人生を全うした姿がありました。

池田理代子も当初はきっとそれを描きたかったかもしれなかったけど、オスカルがどんどんとお話の中で成長しちゃったのかもしれないなぁと思いました。
展示会を出る頃には、アントワネットに対する気持ちが以前とは違っていた物になっていました。

また行ってみたいなぁ。ベルサイユ宮殿へ。

Photo

写真を撮ることが許されたお部屋の写真です。
自分でとったのがあまりに下手だったためポピンズさんからいただきました。
ありがとうございました。

帰りにポピンズさんと、以前の職場の方からお土産をいただき、帰りの地下鉄の駅前ではハロウィンのゴミ袋もいただきました。(^^;

Img_0307

たくさんのチケットをくださったCさん。
おつきあいくださったポピンズさん。
一緒にランチをしてくださった前職場の皆さん。
仕事を抜け出し会いに来てくださったお二人。
みなさん本当にありがとうございました。

日々の生活の中で壊れそうになっていたことも、皆さんの笑顔と、仙厓の作品、アントワネットの人生を辿るうちにどこかへ吹き飛んでしまいました。
とてもよい休日でした。(*^-^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/10/22

猫展

以前職場でご一緒だったしかこさんの写真のギャラリーを観に、表参道まで行って来ました。
久々のおもさん。( ^ω^ )
いつもだけど誰かの後にくっついて連れていってもらうからつけるけど、今日は一人!どうする?
完全迷子!(T ^ T)
と、そこに、「陶片木さん?」と神の声!
しかこさんに見つけていただき無事に猫展へ到着。

しかし!猫の写真に夢中で
猫店の写真を撮らずにお茶でもとこちらを

Img_0287


昼飲みは幸せの味がする。♪( ´▽`)

先日作った緋襷もお嫁にもらっていただきました。
ありがとうございます!

作りたいけど置き場のない我が家。
どなたかもらってくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/10/21

壊れちゃった!(涙)

ついにパソコンが壊れました。
win10は扱いにくいといううわさも聞き、
また仕事で使っているwin8も好きじゃないので
できたら7に頑張ってほしいと思っていたのに!(号泣)

悩んだ末、修理に出します。
果たしてそのあと使えるか?
かなり疑問だけど、頑張ってほしいのです。

そんなわけで更新も(もともとまじめにやっていないけど)ままならず、前回は奇跡的に更新できたけど、この先もわからないため職場の昼休みを利用して書いちゃいました。(^^♪

気が付けば2004/9/11にアップした記事が最初だったようです。
てっきり10月と勘違いしていました。

あれから12年とひと月。
いろいろな出会いや別れがあった12年でした。
昨年のしんどい10月からは何とか復活。
穏やかに人生後半戦もあとどのくらいかわからないけど、平和に暮らしたいと思います。

とはいえ、なんでこの年でフルタイムで働いているんだろう。私・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/10/17

OG会

今年もOG会に行ってきました。

学生時代の友人というのは本当にありがたい。

会うと一気に10代にワープする。(笑)

今年は「猫を見に行こう」というコンセプトで千駄木辺りにしてみました。

そしていったお店がこちらの露地
 
家と家の間の狭い路地を入るとその店はありました。

Photo

美味しお料理と、楽しいおしゃべり。

幸せな時間。(*^-^*)


さて、ネコを探しながら谷根千散策です。


018

久々のお天気。
青空に生えるこの看板はおせんべい屋さん

020

千代紙屋さん

026

桐箱屋さん

ゆうやけだんだんを登り、猫はいずこと探せども会えたのはたったの一匹でした。(v_v)

034

そして「朝倉彫塑館」にいってきました。

「彫塑」って何?彫刻?

その程度のレベルの頭にはもったいないところです。
昭和の趣を残す建物の中庭は大きな池になっていて、大きな鯉が泳ぐし、大きな石はあるし、贅沢で落ち着く造りになっていました。

そして懐かしいスタイルのトイレも健在で、使用可でした。(^^;

猫に会えない寂しさを、猫の鯛焼きでごまかしてみる。(爆笑)

036

040

後輩からもらったハロウィンクッキー。

今までの話題は「更年期」などでしたが、今年はついに「年金」が話題になりました。(笑)

いくつになっても学生時代の仲間はいいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/10/08

焼成

織部の向付を作りました。
やって初めて知るしきたり(?)
隙間なく描く。
それは皿の中だけではなく、脇も。

Photo

釉薬をかける直前にそうお聞きして、「えぇ~~!」と焦り塗りまくった結果、例のごとく手抜きのチャランポランになってしましました。(v_v)

だからおちついて丁寧に作ろうと言っているじゃないか!ヾ(`◇´)ノ彡☆

とはいえ、濃すぎて(薄いと嫌だといっぱい塗った)ちょっと汚いところもあるけど、出光で見た「織部舟人物文蓋物」を真似て描いたのはちょっと嬉しい作品。(^^;

美術館で観ていたときは、船人が魚を釣っているという認識しか持たなかったけど、いざ模写するとここにも人がいた!とか、これは何だろう?とか、見えてきたものもあり楽しかったです。(笑)

作るのは楽しい。
そしてできてくるのも嬉しい。
でも、どんどんとたまっていくのは悲しい。

このジレンマ、解決できないなぁ。(v_v)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/10/01

焼成

先月から取り組んでいた備前の炭化が焼けました。



Img_2344


金が出ました。(^^;

一輪挿しとぐい飲みにしては大きすぎるカップですが、きっとこれで飲むと美味しいでしょう。(笑)

中に炭化によってできてしまったごまがあるのですが、これ、サンドペーパーで磨いた後、なんと日本酒で磨くんだそうです。
さっそくやってみましたが、酒が足らないのかいまいちです。(笑)

今日はお茶碗の削りでした。
次回黒化粧をして見ようと思っていますが、うまくできるかな?
あとは夫婦茶碗を作って、娘夫婦にあげようと思っていますが、なにしろ遠距離結婚で殆ど一緒にいないし、作っても意味があるのかな?とも・・・

相変わらずうまくいかないへたの横好き陶芸ですが、作りたい物がいっぱいです。
お嫁にもらってくれる人募集中です。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«五社巡り