« 練馬の夜 | トップページ | お花が並んだ »

2005/04/26

スペインタイル

sumP1020594
sumP1020596

先日、黒陣馬さんに、スペインタイルを教わってきました。
http://spaintile.mirasol.sunnyday.jp/
デジカメを持っていったのに、バッテリー切れで写せなかったのを
今日、手直しして頂き送って頂きました。

おぉ!きれいに直っている。
すごく素敵になっている!

素焼きのタイルの上に、陶芸の釉薬とはちょっと違い
低い温度で焼成するらしいが
素焼きのタイルの上に乗せた印象は
陶芸の釉薬と同じくすぐに乾く。

違うのは陶芸は厚がけすると剥がれたり、垂れたりするけど
タイルの釉薬は垂れてもまっすぐ真下であるし
剥がれることはないと言うことらしい。

ほとんど同じ色に見えるけど
実は3色の青色と、白色で構成されている。
間の線はマンガンを油で溶いている。
焼成するとまた全然違う印象になると思う。
すごく楽しみ。

このサイズは7.5㎝なのだけど、
他にもいろいろあるそうです。
食器にもこの釉薬は使えるとかで、
そうなると釉薬の幅が広がり、絵付けの世界も広がって楽しそう。

|
|

« 練馬の夜 | トップページ | お花が並んだ »

コメント

ステキなタイルになりそうですね。
釉薬を乗せる時、筆でデザインを描いていくのですか?
このデザインは、パッチワークのモチーフに共通点も多い感じで親しみを感じます~。
釉薬って、白いものが青く発色したり、焼くと鮮やかな色が出たりするので、焼き上がりが楽しみですね!

投稿: うさぬのや | 2005/04/27 08:58

ありがとうございます。
パッチワークの柄にも似ているし、
乗せ方は七宝焼きっぽい感じです。
描くと言うより、釉薬を乗せるって雰囲気。

釉薬って、液体の時とは違いますよね。
きれいに発色すると艶も出るし、雰囲気も変わるし。

よろしかったらリンクをしましたので黒陣馬さんのタイルのHPも見て下さい。
すごく素敵です。

投稿: 陶片木 | 2005/04/27 10:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46438/3863958

この記事へのトラックバック一覧です: スペインタイル:

« 練馬の夜 | トップページ | お花が並んだ »