« カテゴリーの設定 | トップページ | 豊場惺也作陶展 »

2005/05/08

大江戸神楽

IMG_1213今日はGW最後、久々に柴又帝釈天まで行ってきました。相変わらずの人気みたいで人もいっぱい。寅が産湯を使ったっていう水飲み場の水もなかなかひしゃくが空かないし。(笑)
参道にあるお団子屋さんでお団子を食べ食べ、
飴屋さんの見学。
IMG_1217柔らかなできたての飴をまたしても試食しながら境内へ。
一通りお詣りして、境内の隅を見たら大道芸らしきお兄さんの姿。
まだ人もまばらなので特等席の一番前の砂利の上でしゃがんで見ることにしました。(笑)

IMG_1220IMG_1222

初めはボールと棍棒(?)を使ったまるで新体操とお手玉回しのような演技。
次は染太郎でおなじみの傘の上で、いろいろなものを回す芸。


観客は老若男女様々だし、普段は演芸場でやっているというお兄さんは、屋外なのでいつもとは様子が違い緊張しつつも、ガキンチョのヤジにも負けず、投げつけられた石もよけつつ賢明に演技を終え、最後に水芸。(と言うのかな?)

IMG_1227
IMG_1228
IMG_1230ガラスのコップに水をなみなみと入れ、それを細い竿の上に台を置き、その上に乗せ顎の上に乗せる。
次はその竿を紐に乗せ左から右へと動かす。
芸はいよいよクライマックス、さんざんヤジを飛ばしたり、砂利を投げつけたクソガキに芸人のお兄さんは
「この水を下ろしてくれる?」と近寄ったところ、そのガキンチョがその水の乗った竿を思いっきり払いのけた。
咄嗟にコップを受け止めたので割れはしなかったけど、お兄さんはびっしょり水浸し。
一斉にそのガキッチョに白い大人の視線が突き刺さって行きました。
ガキンチョはばつが悪そうにひたすらにやにやごまかし、その場を立ち去ろうともせず最後の芸を見るべく居残りを決意。
最後の芸はご飯茶碗に水を入れ、それを先ほどの竿にお椀をかぶせたものの中に入れ歯に乗せて、その後、くるくる回すというものだった。
中に入った水が回転しながらくるくると回り噴水みたい。(写真で出ないのがひたすら残念だけど)
薄ら寒い中、しっとり濡れたお兄さんが升を持ち、「お気持ちを」と回ろうとする前にお客が近づき中に小銭だの、小さく折りたたんだお札だのを入れていっておしまい。
                 「こんなにいっぱい。ありがとうございます」と何度も何度も頭を下げていたけど、演芸場とは違うど素人を至近距離に侍らせて、かなりきつかったのではないかと。
おまけに砂利は飛んでくるし、ヤジも汚かったし。(子供なんだけど)
見ていて申し訳なく思ってしまった。こんな客でゴメンねって感じ。
どの親も「落とせ」って言うヤジを止めようともしない。
砂利を投げる子供も叱らない。
なんだろう?って。
でも、あのガキンチョが水を彼にかけたから、それでも叱らずにごまかして演技を続けたからおひねりが多かったのかも・・・・
と思うと、あの悪ガキも貢献したのかしらとも・・・

しかし、やっぱりあの場では親は叱るべきだと思う。
ほとんどの人が楽しみながら見ているのに、あのヤジは許せないな。

彼はどこかの演芸場でもこの芸を披露しているそうです。
もしも見た方がいらしたらトラックバックしてね。

|
|

« カテゴリーの設定 | トップページ | 豊場惺也作陶展 »

コメント

柴又帝釈天行かれたんですね^^
最近行ってないですけど、ああいうところ大好きです。
仲見世っていうんでしたっけ、あの雰囲気がいいのよね。

しかし!
その芸を見ていた観客のガキンチョ、腹立ちますね~。
なんだって親も注意しないんだか。
うちもよそんちの子をとやかく言える立派な家庭じゃないけど、そんなヤジとばした時点で、ピシッとひっぱたくな・・・

マナーはちゃんと躾けないとね~。
でも芸人のお兄さんには試練というか勉強にはなったかもしれませんね。

投稿: ぶんぶん | 2005/05/08 21:14

下町そのもので、近所の人が多かったように思えます。

ホント、そのガキンチョ腹立ちました。
初めの方で砂利を投げつけていた5歳児には
そばにいた若い奥さんが叱っていたのですが
5年生くらいのガキッチョには誰も何も言いませんでした。

うちの子供たちもそんなによい子じゃないけど
調子に乗ってそういうことをしたり、言ったりしたなら
やっぱりビシッってひっぱたきます。

家に帰って娘に「聞いてよ!」と言ったら
「最近はそう言う子供が多いよ。
親が一緒にいても何も言わない親もね」と
そうなのかぁ?知らなかった・・・
「怖いのはそう言う子供が大人になったとき」と。
本当に怖いと思いました。

お兄さんには良い修行だったと思いますが
それにしても厳しいお客だったと。
マナーは親がしつけないとと反省もしました。

投稿: 陶片木 | 2005/05/08 21:40

う~ん。頭にくるけどね。そういう子供はそういう環境で育ってるんですよ。だから、親もそれが当たり前になってるから、怒るなんてことも考えもしない。冷たい感じですが、思えば見ていたみなさんは、その子にかかわらなくてよかったかもしれませんね。逆に妙なこと親から言われかねません。
そのがきんちょは、大人になって苦労するか、誰かに苦労させてのうのうとするかわかりませんが、それもまたその子の人生でしょう。少なくとも信頼できる友人は出来にくいと思いますが…。

投稿: 九隆庵 | 2005/05/08 22:08

九隆庵 さん、こんにちは。
本当に腹が立ちました。
初めのうちはみんな芸人さんも耐えているし、
目をつぶっていた部分もあったのですが
さすがにこれには一斉に視線が固まりました。

しつけって親だけがすることではないかもしれないけど、
最低限度、守るべきことは教えなくてはならないと思うのですけど。

こういう親子が増えるって怖い。
下町だからと隣のおばさんが叱ったら
とんでもないことになるかもしれないのですよね。
やな世の中ですね・・・

投稿: 陶片木 | 2005/05/08 22:37

今時の子の母です。
うちの子はしないと思いますよ。
しつけはなってないけど…
挨拶やお行儀より、人として大切なことは何かは叩き込んで育てましたから。
(でも、親のいないとこではやってたりして〜 汗! いやいや、砂利はないな。)

男の子って特に、調子に乗りますよね。
だからこそ、やり過ぎ(やじまでは、恥ずかしいけど許せる行為かも。砂利は許せない)た時は、親がビシッとが大切ですよね。

私、子を連れてるときは子に危害が加わると行けないから自重するけど、子がいないときは叱っちゃうかもしれません。
だって、砂利投げるのって、暴行ですよね。
下町のおいちゃん、おばちゃん。是非叱って!…って時代じゃなくなってしまって、悲しいです。

投稿: ゆれい | 2005/05/09 10:36

男の子って誰かがやると、一緒になって同じようなことをしますよね。
たぶん息子が5歳で、あの場所にいたら
5番目くらいに遠慮がちに石を持ちそうな気がする。
で、母がバシッってひっぱたきそうな予感。(^_^;)

普通は怒ると思うのに、その親らしき人はいたのだけど、
本当に放し飼い状態。

初め5歳くらいのその小学生に挑発された子供が
砂利をまきだしたときは、そばにいた主婦が注意したのだけど
さすがに5年生くらいだと怖いのか(私もちょっと怖かったし)
誰も何も言わない。
ホント、下町らしからぬ風景でしたね。
昔なら知らないおじちゃん、おばちゃんが注意したのにね。

投稿: 陶片木 | 2005/05/09 20:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46438/4039023

この記事へのトラックバック一覧です: 大江戸神楽:

» 大江戸神楽@浜離宮 [みなが仙人のおぼえがき]
 テレビで見たことはあるけれど、こういうのを「大江戸神楽」と呼ぶことは知らなかった。かって東京に通学・通勤していても、下町の歴史には疎かった。 広島県で「神楽」と聞くと、広島市の北部山間に点在する神楽団を連想してしまう。こんど、ブラジル・サンパウロで催...... [続きを読む]

受信: 2008/06/09 10:50

« カテゴリーの設定 | トップページ | 豊場惺也作陶展 »