« 練り込み粘土の行く末 | トップページ | 料理バトン »

2005/08/30

タイル完成

IMG_1531 以前、黒陣馬さんのお教室で作ったタイル作品に額が届き、やっと完成しました。
美しい!と自画自賛の作品です。(笑)


実際の色はもっと鮮やかで美しい色です。
カメラのせいか、色がイマイチ映し出せなくてそれが残念。

壁に掛けてもいいように紐を通しましたが、今はピアノの上で皿立てに入れ飾ってあります。

初め、毎日使う可能性の高い鍋敷きにするか、毎日見るだけの壁掛けの額にするか迷い、鍋の下に敷いたらもったいないと思いこのような壁掛けの額にしました。
ホント、肉眼で見るタイルは美しい。
ほれぼれと眺めています。(^_^;)

これも釉薬で焼いたのです。
陶芸に近いと言えば近いけど、釉薬の置き方は七宝焼きの方に近いイメージです。
焼成温度と釉薬を変えれば、こんなお皿も焼けるって事ですよね。
皿の幅がドンドン広がる感じで、新しい皿作りのイメージも湧いてきます。

今はポットを作りだしたところだけど、また、絵付けの皿も作りたいな。
あれこれ、いろいろチャレンジして、皿の世界に埋もれたい。(笑)

|
|

« 練り込み粘土の行く末 | トップページ | 料理バトン »

コメント

本当だ、綺麗にきちんと焼き上がりましたね。
このテクニックを使ったら、色々カラフルな食器に囲まれて楽しいダイニングルームになりますね?

陶変木さんオリジナルの文様が出来るの楽しみにしていますね?

例えば渋いお皿の角にちらってこの感じの遊びがあるお皿とか楽しそうだわ。

投稿: kaolin | 2005/08/31 00:12

kaolinさん
額に入れるとぐぐっっと引き締まって見えますよね。
色も美しいし、こんなお皿が並んだら
リビングももっと華やかになるでしょうね。

磁器の皿にだけじゃなく、陶器の皿にも
こんな色合いがプラスされたら、
今までと違ったうつわができますよね。

でも、その前にまずその器作りです。
果てしなく遠い道のりです。(^_^;)

投稿: 陶片木 | 2005/08/31 10:25

初めまして!
素敵なタイル!私もその色大好きです(*^.^*)。

最近ブログを始めたのですが、リンクをはらせて
いただきました。
私は陶芸はしないけど見るの大好き。
ぐいのみを色々集めています。

また遊びに来ます!

投稿: yumita6 | 2005/08/31 19:35

yumita6さん
きゃあ!いらっしゃい!\(^o^)/
リンクもありがとう!
ぐい飲みの写真、いっぱい見せてね。

このタイル素敵でしょう?
色はもっと深くてきれいな青です。

早く復活して、また飲みたいよ!

投稿: 陶片木 | 2005/08/31 22:53

きれいでステキなタイルが焼きあがりましたね~。実物の深いブルーを拝見したいです。この色が自分の陶器に出来たら、ステキ!お皿もいいし、カップもいいし・・・夢は広がりますね。

ところで、「料理バトン」なる物が私のブログにも回って来ました。次に回したい方ってことで、陶片木さんをリストアップさせていただいちゃってます。
簡単な質問に答えていただけるようでしたら、コピペで、こちらのブログでご紹介いただけたらうれしいです。無理にではないです~。もし良かったらお願い致します。

投稿: うさぬのや | 2005/09/01 21:39

うさぬのやさん
実物はもっと色が鮮やかで美しいのです。
これを陶器に生かせたら素敵な器になりますよね。
そう考えると、器の幅もぐぐっと広がって
楽しくなりますよね。

料理バトン、受け取りました。

投稿: 陶片木 | 2005/09/02 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46438/5710608

この記事へのトラックバック一覧です: タイル完成:

« 練り込み粘土の行く末 | トップページ | 料理バトン »