« 粉引き布染めボール | トップページ | 初めての電気ろくろ »

2005/09/10

尻を叩かれ愛知博(^_^;)

夜行バスで行き、夜行列車で帰る、
強行スケジュール行った愛地球博より、
今朝無事に帰還しました。
ひたすら疲れました。

夜行バスは名古屋へ5時に着き、
事前に予約したタクシーで会場へ。
6時前にもかかわらず、すでにテント外まで人の列。
その後も、次々人が増え、
あっという間にトイレ前まで人でいっぱい。

IMG_1539 昨日は開園以来4番目の入場者数だったそうで
8時半には開園。
「ひたすらトヨタへ走れ」と子からの指令を受け、
大嫌いな全力疾走すること5分。
無事、ショーを満喫し、ほっとするまなく再び子からの指令。
「次はドイツへ走れ」(+_+)

渋々、遠いドイツ館まで霧の出る
スプリンクラーのようなものの下を走りながら到着。

一緒に北ゲートを抜けたものの、
先に三菱で「時間予約」をして、ドイツ館へ並びに来たのに、
なかなか先に進まぬため、未だに列に並んでいた子に合流。
そして間もなくドイツ館へ。

6人乗りのカリブの海賊のような列車に揺られ、アトラクションの中へ。
「やっぱりドイツって医療工学が進んでいる」と娘が言っていたが、
医療のみならず、多岐にわたって機械工学の進歩がめざましい国でもあり、
古き良き時と、進化しつづける時と、
両輪で回し続ける国でもある様子がうかがえました。

そしてやっとお昼。\(^o^)/                                                             
IMG_1544IMG_1543                   

8月、既に行ってきた息子から
「エジプトは面白かったよ」と聞いたので
昼はエジプト料理にして、
そのあと見に行こうと。

左はひよこ豆のコロッケとのセットのカレーと
先着100名様のみのエジプトビール。(激うま!)
右がコシャリ。
これまた辛くて激うまでした。

その後、エジプトを見に行く私と娘を置き、
息子一人別な外国パビリオンへ。
IMG_1554 レプリカの並ぶエジプト館の中で、
「名前を象形文字で書くよ」というおじさんから
お誘いを受けたもののお断りして見学。(笑)
歴史の長い国のパビリオンには、
入りきれないほどの歴史の足跡があって
この数分で観終わらないくらい壮大な物だった。

その足で次のパビリオンイタリアへ。
万博以降は門外不出と言われる「踊るサテュロス」をじっくり拝観。
撮影禁止なので写真はないけどサテュロスは美しく素敵でした。
(↓パンフレットをデジカメで撮影)

IMG_1601ただ気になったのが、背中に開いた丸い穴。
あそこは何か別な彫刻と合体するためのものだったのか?
なぜ、あんな丸い穴があるのか?

息子は「あれは槍に刺されたんだ。
この顔、踊っている顔じゃないよ。
痛がって、もだえている顔。」(-_-;
いろいろな解釈があるのだと。(爆)

IMG_1549IMG_1548                                         

                                                                 

                                  左がホワイトチョコでできた車。
床はブラックチョコ。
甘い香りがそこら中に漂っていました。

右は陶器。
どうしても陶器があると目がいく。
でも、結局、瀬戸の方までいけなかったのが残念でした。

IMG_1559 そしてお次は当日予約の入れてある「三菱未来館」へ。
wakamaruのお出むかえを受け、
いよいよ巨大なシアターへ。

月の生成の再現を見て、
偶然できた月との関係に深く感動しました。
鏡を使った大パノラマの画面は大迫力で美しく、
偶然の織りなした自然のすごさを満喫してきました。

そしていよいよマンモスへ。

実は夫の会社の上司の知り合いのお嬢さんが(なんて遠いんだ・・)
「マンモスのチケットなら取れるよ」
と言って下さりゲットできたのだった。
(やはりあちこちに「行く」と言っておくものだと。(^_^;))

その頃には朝のダッシュで疲れ切って、
太ももが筋肉痛になり始めてきて
立ったままでのビデオ鑑賞でかなり疲労困憊して、
ひたすら「早く帰りたい」と思っていたら
「このボタンを押してお通りください」と。

するとなんと
「あたりです。
おめでとうございます!」


あたりってなんだ?と思ったら、
マンモスを背景に新聞を作成してくれらしい。
「さあ、こちらへ」と3人でブルーの背景の前に立ち写真撮影。
「ポーズして下さい」とのカメラマンの声に疲労困憊の私は
「できれば朝、まともな顔の時に撮って欲しかった・・」と
内心むちゃくちゃ悲しかった。(T^T)

数分後には
「陶片木さんご一行、笑顔の万博」という
タイトルの新聞ができあがり!(笑)
「ボロボロの顔だ・・」と嘆きつつも
すごいお土産にちょっと小躍りしてしまった。(爆)

そしていよいよ本物の冷凍マンモスとのご対面!
よくぞこの形で発掘され、よくぞ貸してくれた>ロシア
マンモスはインド象と遺伝的近い
(ミトコンドリアDNA)ことが解ったと書いてあって
「それって、つまりマンモスがこの辺にもいたってことかもね」と感動でした。

マンモスは意外と小さかったです。
動物園の像よりちょっと大きいくらい。
マンモスの牙は歯のような白い象牙質とばかり思っていたけど、
まったく別の素材に感じました。

それにしてもすでにヘロヘロ状態になって、
「疲れた・・」とよれよれになっていたら、
「荷物が重いのなら持ってあげるから、
疲れたって言うのやめなよ」と娘が叱ってきた。

「歩いているし、持てるし、良いじゃない言ったって。」と反論したら、
「小学生を連れているみたい。
もう、いや!お母さんのおもり」と・・・・
( ̄□ ̄;( ̄□ ̄|( ̄□ ̄||( ̄□||||カガ゛ガーン!!

IMG_1579その後、喧嘩した娘と
ベルギーチョコアイスを食べました。(笑)
接写モードにし忘れて、おまけに速攻食いついて、
写真には一個コーンが抜けています。(笑)

生チョコも、チョコアイスも、
メチャクチャおいしかった。
ベルギーワッフルも欲しかったけど、
こっちは2時間待ち。
そんな・・と泣く泣くアイスのみに・・・
でも、まだまだ日差しの強い時間もあって汗だくだくだったので
至福の時間でした。(笑)

そして少なくなった時間を急ごうと、
今度は私一人で中央アジアのパビリオンへ。
子供二人は一緒に西欧のパビリオンへ向かいました。

IMG_1585IMG_1587

                                       左はウズベキスタン館で携帯にアクリル絵の具で絵を描くおじさん。
右はリシタンの食器。

ひぐらしからいつも聞いている中央アジアは、
ひぐらしが行くまでは
あまり興味のなかった国だったけど
ひぐらしと共に一気に近寄ってきた感じで、
何を見ても、触っても、懐かしい感じすら受けました。

カザフスタンにあったテントは、
ひぐらしから聞いたユルタってこんな感じかな?
マットや絨毯はこんな感じねと、
想像を巡らせてフェルトや、リシタンの器を見てきました。

IMG_1592 その後、再び子供と合流。
インドのカレーを食べようと一緒にビールも。(^_^;)
しかし、エジプトの米と違いタイ米で、あまりおいしくなかったです。
写し忘れたマンゴーヨーグルトのラッシーはおいしかった!
(それにしても食べることには貪欲です。(爆))


IMG_1576途中で、もりぞうときっころに会いました。
かわいい~!
でも、他のカメラマン(?)に阻まれ、
怪しい柵にも阻まれ、うまく写せませんでした。

暗くなってきたので、
予め「7時までには出ろ」と忠告に従い
7時にゲートを出て帰路につきました。

その夕飯は(まだ食べるか・・)
MAKAMUから事前に名古屋に来たらお薦めという
「あんかけスパ」か「台湾ラーメン」で迷い、
あんかけすぱで携帯検索してお店を検索。

(本来なら名古屋コーチンなんでしょうけど、
私に鳥のトラウマがあるため、鳥以外のメニューでした。(^_^;))
食事を終え、駅のトイレで化粧を落として、
いざ、初めての夜行列車へ!

ムーンライトながら」と、
全く縁のないと思っていた「青春18切符」で乗車。(笑)
想像以上に満席で、立っている人もいるし、
おしゃべりが良く聞こえ、
「とても眠れる雰囲気じゃない」と思ったのに、
あっという間に爆睡。(爆)
気がついたらもう大船でした。

東京に着いたのは5時前。
なのに他の駅のホームには人がいっぱい。
考えたら今日は土曜日、
みんなもかけるのね。

今回、子供と3人だけのおでかけで、
いままでなんでも親が決め、
それに従った計画しかしていなかったのに、
今回初めて子供の企画、計画で、
それに引っ張られの旅でした。
夫以上に計画的で、下調べもしっかりしていて、
おまけに怒ると私より怖くて
いつのまにか成長して嬉しい気持ちと、
将来、末恐ろしい気持ちと、
交錯してしまいました。(笑)

|
|

« 粉引き布染めボール | トップページ | 初めての電気ろくろ »

コメント

ひさびさでうったら、ばけてます。
おいてはこにしたがえですね・・・?

投稿: ゆれい | 2005/09/10 16:12

読んでてすっごい楽しかった♪
おつかれさま!&よかったね!!

オレンジホールの読売新聞のアタリの記事、
実は私もあたって、大事にとってあります。
一生の思い出になるいい企画だよね。(^^)

それにしてもやはり気合をいれれば
史上4番目の人ごみでもトヨタは見れるんだねえ。
感心感心!

投稿: 黒陣馬 | 2005/09/10 17:12

陶片木さん、お帰りなさい。そしてお疲れ様~。

手に取るように陶片木さんのヘロヘロ具合がわかって、思わず笑ってしまいました。失礼^^;

でも、やっぱりすごい混雑ぶりだったのですね。

いいな~。私も子供の企画で、
家族旅行に行きたいです。旦那様も行かれればよかったのにねー。残念。

投稿: ぶんぶん | 2005/09/10 18:15

ゆれい
まさにその通りの愛地球博でした。(笑)

黒陣馬さん
気合いは子供から言い聞かされました。(^_^;)
私って、ぜんぜん体育会系じゃないので
すごく大変でした。
でも、トヨタを前列で観られたのは
やっぱり気合いのおかげですよね。(∩_∩)ゞ

ぶんぶんさん
二人とも一回行っているので、
情報はもっていて、そのおかげで無駄なく動けました。

子供が小さいとき、自分で企画したとおりにいかなくて
子供を叱ったつけが回ったように、
きっちり叱られちゃいました。(笑)

投稿: 陶片木 | 2005/09/10 19:06

一日でそんだけ回れば、すばらしいというべきか。
やっぱり、娘さんのお陰かも?(笑)
計画性なく行った私たちは、そりゃそれなりには楽しかったけど、メインはほとんど見逃したもんね(^^;

ところでサテュロスの背中の穴は、尻尾の痕だったと思うんだけど。
あれがあるから、「サテュロスだ」ってことになったんだと、テレビで見たような気がする。
(違ってたらごめん~)

投稿: ひぐらし | 2005/09/11 02:27

いや~お疲れさまです!
でも、目的完遂でお見事!!
私たち親子は運動会代休なので今週末は死んでます。
一体「愛地球博」行くことは出来るのか?

根性なしなので、敢えなく断念の色が濃いですw
瞬間移動したいです・・往復ヾ(ーー )ォィ

投稿: ぐれねこ | 2005/09/11 08:50

ひぐらし
トヨタと三菱とドイツは子供達のおかげでした。
タクシーで会場まで行った判断も正解でした。
リニモよりも早く会場へ行きたいと言われて
それしか手がなかったんだけどね。
でも、疲れた・・・・
未だに筋肉痛だし・・・(笑)

サテュロスの穴はやっぱり尻尾だったんだ。
でも、ちょっと上だよね?
だから別な穴かと・・(∩_∩)ゞ

ぐれねこさん
昨日ついに史上最多になり、9日は5位になりましたが
要領よく回ればできますが、かなり厳しかったです。

瞬間移動、私もしたかった・・
夜行は行きも帰りもきつかったです。(T^T)


投稿: 陶片木 | 2005/09/11 11:11

素晴らしいわぁ~。
同じ日に出かけた事務所のA子とは
「天と地の差」だよぉ~。

何度も行ってるうちにコツがつかめると
リピータの友が言ってたけど
1回でしっかりコツ(?)をつかんで
素晴らしい企画力だね。さすがお子さん方。

近くて遠い万博、陶片木さんのレポートで
充分満喫させていただいて、気が済みました。
どうも有り難う。すごく楽しかったわぁ~。

投稿: はっとこ。 | 2005/09/13 08:33

はっとこさん
子供二人は二度目だったので、
トヨタは母さんだけ見れば良いんじゃない?
ってことでの企画でした。
本当に午前中のスケジュールは順調で、
こんなに見られるとは思わなかったです。
タクシーを選択したのも正解でした。
あの混み具合で、始発の地下鉄、
3本目のリニアでは、私はトヨタは観られなかったと思います。

事前調査、行った人の話は必要ですよね。
もうちょっと体力があれば、
いろいろな会場を観られたとは思いますが
私には限界でした。(笑)

投稿: 陶片木 | 2005/09/13 09:20

 お疲れ様でした。
 頑張っただけあって、押さえるべきところは、しっかり押さえていらっしゃる。良きガイドに感謝ですね。(^^)

投稿: はせまな | 2005/09/15 17:14

はせまなさん
先に行った人と一緒に回ると、
効率よく回れますね。
「ここだけは」って部分は選んでくれて、
助かりましたが、体力的に半日が限界でした。(笑)

もう少し期間が長ければ良いですよね。
もうすぐ終わってしまうのが残念です。

投稿: 陶片木 | 2005/09/15 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46438/5872333

この記事へのトラックバック一覧です: 尻を叩かれ愛知博(^_^;):

« 粉引き布染めボール | トップページ | 初めての電気ろくろ »