« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005/09/27

手作り霧吹き

IMG_1631 前回作った作品の白化粧がすごく大変で、
酸欠状態になったという話をしたら
てるとさん
「簡単安い霧吹きの作り方」
を教えてくださって
それをやっと完成させました。

でもどうやって使うのか解らない!(爆)

先日、hichaさんに連れて行って頂いた陶芸屋さんに
同じような霧吹きが売っていたので、hichaさんにお聞きして
やっと使い方が解り、霧が吹けると判明しました。(爆爆)

まだ、白化粧に使っていないのですが、次回これを使って是非とも化粧土を吹いてみたいなと。
しかし・・その前に作品作りだろうが・・・(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

先日、茶碗の高台を削り、干支わんこをほぼ完成させました。
もしもうまくできたら、いっぱい干支わんこ作ろうかな。
あと、この間のお口をあ~んの恐竜君も作りたいし。

頭はいつも作りたい物でいっぱいで、作り出すと次ぎに作りたい物で押し出されそうになる。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/09/26

しその実のみそ漬け

IMG_1628 しその実がいっぱい採れたので、
試しにちょっとだけみそ漬けにしてみました。
なかなかおいしい。(*^-^*)

自分で作った手前味噌で作るしそ味噌。
キュウリで食べたらいくつでも食べちゃいそう。
おにぎりの具でもいいかもしれない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2005/09/24

お口をあ〜ん

pic_0089 今日は、hichaさんの作品が展示されている
ショップ&ギャラリーミレー」に案内して頂き、
その帰りに、「温温」というギャラリー喫茶に
連れていっていただきました。

今日は、ササキヨシアキさんのギャラリー展で
素敵な作品がいっぱい展示してありました。

その一角に展示されていたかいじゅう君!
私のツボにスッポリ!かわいい〜!
あまりのラブリーさに、思わず
何枚も撮ってしまいました。(^^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2005/09/23

お彼岸

IMG_1623 今日はお彼岸なので、おはぎを作ってみました。
あんこを作っていたら
「あんこよりきなこを多くして」
とのリクエストが入り、
この差となりました。(笑)

しかし、この量なのにすでにないです。(爆爆)
誰のおなかに入ったのか・・・
聞くまでもないですよね。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

2005/09/17

子供のいぬ間に

200P1020742-1 二人留守で、ただいま
でーと中!(笑)
山芋の唐揚げと、冷酒(〆張り鶴)
うまい!
子の留守中に、命の洗濯。(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

かけすぎ

IMG_1612 コーヒードリッパーは大失敗でした。
美濃唐津釉薬の、ムラのある部分が出したかったのに、
ほとんど真っ白になってしまった。

釉薬を厚がけしすぎたからだとは思うけど、
それにしても真っ白な仕上がりになってしまった。

一緒に作ったポットをまだ焼いていなかったのが救いかも。
そっちの釉薬を少し手で落として次回焼いてもらうことにしました。
こういう失敗を重ねて、勉強していくのだとは思うけど、
貧しい主婦は、できれば失敗なく、順調に仕上がっていって欲しいものだと。
つい腕を無視した、贅沢な希望を言ってしまうものです。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2005/09/15

味噌作り

IMG_1609 2月に仕込んだ味噌がそろそろ良いかなと思い
開けてビックリ。
やっぱり失敗味噌でした。

いつもは蓋は紙の蓋だけど、
今年は紙の蓋の上にさらに
陶器の蓋をしておいたのです。

置いた場所は毎年同じ二階の部屋だったので
温度や湿度はそれほど差はないと思う。
でも、出来具合(甘み)がぜんぜん駄目!
ショックだな。
蓋なんて締めなきゃ良かった・・・(-_-;

とはいえ、みそ汁にしたら市販のよりはおいしい。(笑)
と相変わらず、自画自賛なのだ。(爆爆)

| | コメント (8) | トラックバック (1)
|

2005/09/12

初めての電気ろくろ

今日は医者へ行こうと仕事を休み、
午前中いっぱいかかって大学病院へ行き
午後はどうしようかと迷った結果、
万博でお休みした教室へ行こうと思い
帰りに教室へ寄って、先日来作りかけのポットとドリッパーに
美濃唐津の釉薬をかけてきました。

一段落して、じゃあ次は・・ってことで、
前回「WEB陶芸展」を開催して下さったpotterさんのブログで、
今度は「抹茶茶碗」がテーマになりそうだなと知り、
生まれて初めての抹茶茶碗にチャレンジしてきました。

それでいつものように手びねりで仕事を始めようとしたら
「ろくろ、回してみませんか?」と先生。

一回やってみたかった!
踊る気持ちを抑えて先生の説明を聞き、
いざ、ろくろ前へ!\(@^0^@)/

が、まずは粘土を持ち上げ、次はおろして・・・
って、先生みたいにうまくできないし・・・・(▼皿▼#))

やっと形になって、口を広げて、高さを出して・・・
言うはやすし、されどするはむつかしじゃないかぁ!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆

(と、ほとんど八つ当たり状態。(爆爆))

半ば切れながらいつもになく
真剣に土に向かって取り組むこと2時間。
結果、なんとかなりました。(爆爆)

やっぱり私には手びねりのほうが良い。
時間はかかるし、厚くできちゃうけど、
それでも、自分のスピードでできるところが好きだな。
(結局、逃避しちゃうのよね。(爆爆))

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2005/09/10

尻を叩かれ愛知博(^_^;)

夜行バスで行き、夜行列車で帰る、
強行スケジュール行った愛地球博より、
今朝無事に帰還しました。
ひたすら疲れました。

夜行バスは名古屋へ5時に着き、
事前に予約したタクシーで会場へ。
6時前にもかかわらず、すでにテント外まで人の列。
その後も、次々人が増え、
あっという間にトイレ前まで人でいっぱい。

IMG_1539 昨日は開園以来4番目の入場者数だったそうで
8時半には開園。
「ひたすらトヨタへ走れ」と子からの指令を受け、
大嫌いな全力疾走すること5分。
無事、ショーを満喫し、ほっとするまなく再び子からの指令。
「次はドイツへ走れ」(+_+)

渋々、遠いドイツ館まで霧の出る
スプリンクラーのようなものの下を走りながら到着。

一緒に北ゲートを抜けたものの、
先に三菱で「時間予約」をして、ドイツ館へ並びに来たのに、
なかなか先に進まぬため、未だに列に並んでいた子に合流。
そして間もなくドイツ館へ。

6人乗りのカリブの海賊のような列車に揺られ、アトラクションの中へ。
「やっぱりドイツって医療工学が進んでいる」と娘が言っていたが、
医療のみならず、多岐にわたって機械工学の進歩がめざましい国でもあり、
古き良き時と、進化しつづける時と、
両輪で回し続ける国でもある様子がうかがえました。

そしてやっとお昼。\(^o^)/                                                             
IMG_1544IMG_1543                   

8月、既に行ってきた息子から
「エジプトは面白かったよ」と聞いたので
昼はエジプト料理にして、
そのあと見に行こうと。

左はひよこ豆のコロッケとのセットのカレーと
先着100名様のみのエジプトビール。(激うま!)
右がコシャリ。
これまた辛くて激うまでした。

その後、エジプトを見に行く私と娘を置き、
息子一人別な外国パビリオンへ。
IMG_1554 レプリカの並ぶエジプト館の中で、
「名前を象形文字で書くよ」というおじさんから
お誘いを受けたもののお断りして見学。(笑)
歴史の長い国のパビリオンには、
入りきれないほどの歴史の足跡があって
この数分で観終わらないくらい壮大な物だった。

その足で次のパビリオンイタリアへ。
万博以降は門外不出と言われる「踊るサテュロス」をじっくり拝観。
撮影禁止なので写真はないけどサテュロスは美しく素敵でした。
(↓パンフレットをデジカメで撮影)

IMG_1601ただ気になったのが、背中に開いた丸い穴。
あそこは何か別な彫刻と合体するためのものだったのか?
なぜ、あんな丸い穴があるのか?

息子は「あれは槍に刺されたんだ。
この顔、踊っている顔じゃないよ。
痛がって、もだえている顔。」(-_-;
いろいろな解釈があるのだと。(爆)

IMG_1549IMG_1548                                         

                                                                 

                                  左がホワイトチョコでできた車。
床はブラックチョコ。
甘い香りがそこら中に漂っていました。

右は陶器。
どうしても陶器があると目がいく。
でも、結局、瀬戸の方までいけなかったのが残念でした。

IMG_1559 そしてお次は当日予約の入れてある「三菱未来館」へ。
wakamaruのお出むかえを受け、
いよいよ巨大なシアターへ。

月の生成の再現を見て、
偶然できた月との関係に深く感動しました。
鏡を使った大パノラマの画面は大迫力で美しく、
偶然の織りなした自然のすごさを満喫してきました。

そしていよいよマンモスへ。

実は夫の会社の上司の知り合いのお嬢さんが(なんて遠いんだ・・)
「マンモスのチケットなら取れるよ」
と言って下さりゲットできたのだった。
(やはりあちこちに「行く」と言っておくものだと。(^_^;))

その頃には朝のダッシュで疲れ切って、
太ももが筋肉痛になり始めてきて
立ったままでのビデオ鑑賞でかなり疲労困憊して、
ひたすら「早く帰りたい」と思っていたら
「このボタンを押してお通りください」と。

するとなんと
「あたりです。
おめでとうございます!」


あたりってなんだ?と思ったら、
マンモスを背景に新聞を作成してくれらしい。
「さあ、こちらへ」と3人でブルーの背景の前に立ち写真撮影。
「ポーズして下さい」とのカメラマンの声に疲労困憊の私は
「できれば朝、まともな顔の時に撮って欲しかった・・」と
内心むちゃくちゃ悲しかった。(T^T)

数分後には
「陶片木さんご一行、笑顔の万博」という
タイトルの新聞ができあがり!(笑)
「ボロボロの顔だ・・」と嘆きつつも
すごいお土産にちょっと小躍りしてしまった。(爆)

そしていよいよ本物の冷凍マンモスとのご対面!
よくぞこの形で発掘され、よくぞ貸してくれた>ロシア
マンモスはインド象と遺伝的近い
(ミトコンドリアDNA)ことが解ったと書いてあって
「それって、つまりマンモスがこの辺にもいたってことかもね」と感動でした。

マンモスは意外と小さかったです。
動物園の像よりちょっと大きいくらい。
マンモスの牙は歯のような白い象牙質とばかり思っていたけど、
まったく別の素材に感じました。

それにしてもすでにヘロヘロ状態になって、
「疲れた・・」とよれよれになっていたら、
「荷物が重いのなら持ってあげるから、
疲れたって言うのやめなよ」と娘が叱ってきた。

「歩いているし、持てるし、良いじゃない言ったって。」と反論したら、
「小学生を連れているみたい。
もう、いや!お母さんのおもり」と・・・・
( ̄□ ̄;( ̄□ ̄|( ̄□ ̄||( ̄□||||カガ゛ガーン!!

IMG_1579その後、喧嘩した娘と
ベルギーチョコアイスを食べました。(笑)
接写モードにし忘れて、おまけに速攻食いついて、
写真には一個コーンが抜けています。(笑)

生チョコも、チョコアイスも、
メチャクチャおいしかった。
ベルギーワッフルも欲しかったけど、
こっちは2時間待ち。
そんな・・と泣く泣くアイスのみに・・・
でも、まだまだ日差しの強い時間もあって汗だくだくだったので
至福の時間でした。(笑)

そして少なくなった時間を急ごうと、
今度は私一人で中央アジアのパビリオンへ。
子供二人は一緒に西欧のパビリオンへ向かいました。

IMG_1585IMG_1587

                                       左はウズベキスタン館で携帯にアクリル絵の具で絵を描くおじさん。
右はリシタンの食器。

ひぐらしからいつも聞いている中央アジアは、
ひぐらしが行くまでは
あまり興味のなかった国だったけど
ひぐらしと共に一気に近寄ってきた感じで、
何を見ても、触っても、懐かしい感じすら受けました。

カザフスタンにあったテントは、
ひぐらしから聞いたユルタってこんな感じかな?
マットや絨毯はこんな感じねと、
想像を巡らせてフェルトや、リシタンの器を見てきました。

IMG_1592 その後、再び子供と合流。
インドのカレーを食べようと一緒にビールも。(^_^;)
しかし、エジプトの米と違いタイ米で、あまりおいしくなかったです。
写し忘れたマンゴーヨーグルトのラッシーはおいしかった!
(それにしても食べることには貪欲です。(爆))


IMG_1576途中で、もりぞうときっころに会いました。
かわいい~!
でも、他のカメラマン(?)に阻まれ、
怪しい柵にも阻まれ、うまく写せませんでした。

暗くなってきたので、
予め「7時までには出ろ」と忠告に従い
7時にゲートを出て帰路につきました。

その夕飯は(まだ食べるか・・)
MAKAMUから事前に名古屋に来たらお薦めという
「あんかけスパ」か「台湾ラーメン」で迷い、
あんかけすぱで携帯検索してお店を検索。

(本来なら名古屋コーチンなんでしょうけど、
私に鳥のトラウマがあるため、鳥以外のメニューでした。(^_^;))
食事を終え、駅のトイレで化粧を落として、
いざ、初めての夜行列車へ!

ムーンライトながら」と、
全く縁のないと思っていた「青春18切符」で乗車。(笑)
想像以上に満席で、立っている人もいるし、
おしゃべりが良く聞こえ、
「とても眠れる雰囲気じゃない」と思ったのに、
あっという間に爆睡。(爆)
気がついたらもう大船でした。

東京に着いたのは5時前。
なのに他の駅のホームには人がいっぱい。
考えたら今日は土曜日、
みんなもかけるのね。

今回、子供と3人だけのおでかけで、
いままでなんでも親が決め、
それに従った計画しかしていなかったのに、
今回初めて子供の企画、計画で、
それに引っ張られの旅でした。
夫以上に計画的で、下調べもしっかりしていて、
おまけに怒ると私より怖くて
いつのまにか成長して嬉しい気持ちと、
将来、末恐ろしい気持ちと、
交錯してしまいました。(笑)

| | コメント (11) | トラックバック (0)
|

2005/09/03

粉引き布染めボール

IMG_1532 やっと完成!
前回まで格闘し続けた市松の残り粘土全て混ぜ込み
中間色を作った粘土に、粉引きをして、
弁柄で布染め(和紙染めに近い)を施しました。
釉薬は兎の斑。

はっきり言って歪んでいますが、
すごく気に入ってしまった。(笑)

粉引きを霧で吹いたため、ボツボツとした質感が出て
それが味わいがあったのと、
弁柄を薄めて染めたため、
ムラが出てそれもまた良かったのと、
兎の斑のぼんやりとした色合いが、
弁柄を優しく包んでそれもまた良かったと。

つまり、自画自賛の自己満足の作品!
ってことなんだけどね。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

サラダを入れても、煮物を入れても良い感じ。
あぁ、久々にまともな物ができて超嬉しいです。

今度はポット。
今日作ったけど、昔作ったドリッパーとのバランスが悪い。
小さすぎた・・・・(-_-;ウーン
お互い、ピンで見れば良いのかもしれないから、
できたら別々に撮るしかないかも。(自爆)

| | コメント (13) | トラックバック (0)
|

2005/09/02

料理バトン

今朝、ブログをあけたらうさぬのやさんより「料理バトン」なるものが回ってきました。
以前、大学の先輩から「ミュージックバトン」を頂いたときは、
書けることがなくてそのままにしてしまった経緯もあり、
バトンをどうするか迷って内容を見たところ、「これなら悩まずに書ける」と。(^_^;)
以下、バトンの内容です。

【Q1】次のメニューにどんな調味料をかけますか?薬味は含みません

 目玉焼き・・・・・お醤油 か塩胡椒のみ
 納豆・・・・・ 中に入っているつゆのもと
 冷奴・・・・・お醤油
 餃子・・・・・お醤油とラー油。酢は入れない
 カレーライス・・・・・かけない (子供達はチーズ)
 ナポリタン・・・・・タバスコ
 ピザ・・・・・基本はかけない。たまにタバスコ
 生キャベツ・・・・・イタリアンドレッシング
 トマト・・・・・なにもかけない
 サラダ・・・・・胡麻ドレッシング
 カキフライ・・・・・嫌いなので食べないのでかけない(笑)
 メンチカツ・コロッケ・・・・・トンカツソース
 天ぷら・・・・・天つゆかソース
 とんかつ・・・・・トンカツソース
 ご飯・・・・・基本的にはなにもかけない
        
【Q2】周囲に意外だと驚かれる好きな組み合わせはありますか?
 特にない
 
【Q3】それが一般的なのだとは知っているが
           苦手な組み合わせはありますか?
 トマトやスイカに塩(私はそのままの素材の味を楽しみたい)

【Q4】バトンをまわしたい5名は誰ですか?
 ごめんなさい。バトンが手から落ちてしまいました。
 もしも欲しい方がいらしたら拾ってお届けしますから言って下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »