« とりあえず完成 | トップページ | 本日のランチ »

2005/11/05

カンぺール

今日は久々に教室へ行きました。
WEB陶芸展のお茶碗に何の釉薬が良いかと先生に相談したら
「新しい釉薬」ってことで「カンぺール」という
フランス、ボルドー地方の釉薬を紹介されました。

果たしてどんな色になるのやら・・
とりあえず、黒天目と掛け合わせました。
色自体は無色な透明釉薬と同じらしいのだけど
掛け合わせると変わった色になるらしいです。

しかし、私個人は、このカンペールの皿に惹かれて
できることなら、この皿を焼いてみたいなと・・・

この皿はまず釉薬をかけて、その上から絵の具で絵を描くそうです。
普通の手法と逆。
焼成温度も低く、壊れやすい難点もあるそうです。

絵を見るとスペインの皿のような色彩。
かわいいぃ~!

いいなぁ、こういう絵を描きたいな。
こんなカップ欲しいな。
できれば自作で。(^_^;)

来年から電気ろくろを習うことにしました。
ひぐらしとの約束のビアカップを穴窯で焼成したいし
その為にもいくつか量産したいなぁ~と。

相変わらず頭の中の妄想は広がる。
されど能力は及ばず・・・(笑)

|
|

« とりあえず完成 | トップページ | 本日のランチ »

コメント

うん。これ南欧ではどこにでもあるタイプの焼き方の陶器だよ。
(そういうと身もふたもないかw)
脆いし、崩れやすい。
最初に素焼きで焼いて、それから釉薬(白とかクリーム)塗って焼いて、それから絵付けするんだよね。

このカンペールの黄色と赤が面白い色です。
普通の南欧カラーとははずれた独特の色だと思う。
でもさ、土、日本にあんのかなあ?
マジョリカみたいな軽い土だと思うよ。<白土

投稿: 黒陣馬 | 2005/11/08 19:24

黒陣馬さん、コメントをありがとうございました。

本物を見せて頂いて、
あ、スペインとか、ポルトガルの皿っぽいな
という印象を受けました。
色はとてもきれいだし、かわいい柄でした。

釉薬の上に書くという手法は
こちらの地方では当たり前なのですね。
日本の手法とは逆ですよね。

土と薬と絵の具は先生が持っているそうですが
テスト中で、まだ生徒には貸せないようです。(^_^;)

焼成温度も違うから、一緒に焼けないしね。
でも、こんな色は日本の絵の具にも釉薬にもないし
いいなぁと思ってしまうのです。(∩_∩)ゞ

おもいっきり和風の織部に惹かれたり
こんなかわいい外国の器に惹かれたり
心は常にフワフワ浮気ばかりしているようです。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

投稿: 陶片木 | 2005/11/08 20:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46438/6913122

この記事へのトラックバック一覧です: カンぺール:

« とりあえず完成 | トップページ | 本日のランチ »