« web陶芸展 | トップページ | 謹賀新年 »

2005/12/31

大晦日

IMG_0289やっとおせちを
作り終わりました。
今年は黒豆と卵焼きだけ
いただき物で自家製では
ありませんが
あとは全部
手作りにしてみました。

どれが一番先に売れるかな?

今年はたくさんの方と
ブログを通じて知り合えて
実りある一年でした。
来年もまた、たくさんの方々から
勉強をさせて頂けたら嬉しいなぁと思います。

お世話になったみなさま、
どうもありがとうございました。
来年もどうかよろしくお願い致します。

|
|

« web陶芸展 | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

うわ~、美味しそう~。

うちのおせちはこんなに立派じゃないですよー。
煮物中心なので、色が悪いの。

なんとか完成し、年越しそばと一緒にもうつついています^^

今年は本当にお世話になりました。
来年もお付き合いよろしくです~(^^)

投稿: ぶんぶん | 2005/12/31 20:15

ぶんぶんさん、コメントをありがとうございます。

私のも茶色が多くて、無理矢理ブロッコリーなど入れてしましました。(^_^;)

子供が肉が好きで、そればかりが多くなってしまって
偏ったおせちだな・・って毎年思いつつ
変えると食べないから、好きなものだけになってしまうのです。

今年は本当にありがとうございました。
来年もどうかよろしくお願い致します。

投稿: 陶片木 | 2005/12/31 20:51

わぉー美味しそう!
栗きんとん昆布巻き♪
こんなお母さん、私も欲しいな(笑)
来年もよろしく。
(ただいまK-1観戦中)

投稿: yumita6 | 2005/12/31 22:52

おー!すごい!!
美味しそう!!!
・・・・・・・・
今年、個展の時には、ありがとうございました。
お会いできて、嬉しかったです。

新年も、宜しくお願いします。
良いお年を。

投稿: 一閑 | 2005/12/31 23:19

yumita6コメントをありがとうございます。

私もいま、ちらっと観てみました。
曙とボビー・オロゴンですね。

それにしても曙、一見怖そうだけど
あのお腹のお肉はやばいよね。
って、私も人のことは言えないけど。(^_^;)

今年も楽しかったね。
来年もどうかよろしくお願いします。

投稿: 陶片木 | 2005/12/31 23:28

一閑さん、コメントをありがとうございました。

一閑さん
直に作品に触らせて頂き
お話を伺えて嬉しかったです。

また、作品を見せて下さいね。

今年もどうかよろしくお願い致します。

投稿: 陶片木 | 2006/01/01 00:10

すご~い!
こんなおせち 作ったことない。
大晦日にこれだけ作れるというのが信じられない。うちは おせちっぽいのをすこし買って後は普段のおかずということが多いです。それも1日の朝だけです。でも一応 写真は撮ったから明日載せようかな。
陶片木さんのおせちを見たらはずかしいかも~。
今年も私の料理魂を刺激してくださいね。
よろしくお願いします。

投稿: つつじ | 2006/01/01 19:19

明けましておめでとうございます。

豪勢なお節料理頑張ったのですね!!

これで新年は またまた 美味しい一年になりそうですね!

今年も 陶変木さんの元気をお裾分けしてください。 

投稿: kaolin | 2006/01/01 21:22

つつじさん、kaolinさん
あけましておめでとうございます。
コメントをありがとうございました。

つつじさん
好きなものだけ作っているので
本当のおせちみたいに伊達巻きや数の子はないのです。(^_^;)

今夜既に半分以下になりました。(笑)
角煮とかまぼこが一番人気。
なぜにかまぼこ?と思いつつ
残った煮物は私の胃袋へ・・・です。(笑)

今年もよろしくお願い致します。

kaolinさん
今日は実家に行って、そのまま爆睡。(笑)

作っても食べちゃうからまた作るしかない・・・
どこに消えるのでしょうか?
この料理は・・と思うくらい
みな、頑強な胃袋です。(笑)

今年もまた、よろしくお願いします。

投稿: 陶片木 | 2006/01/01 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46438/7920788

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日:

» 小さな重箱・大きな重箱 [GALLERY]
我が家には、大きな重箱がありません。 なので、作った料理はタッパーに入れ、 食 [続きを読む]

受信: 2006/01/03 00:22

« web陶芸展 | トップページ | 謹賀新年 »