« やはり駄目・・・(-_-;ウー | トップページ | よもぎ団子 »

2006/05/04

穴窯体験日記

結婚以来、二度目の単独お泊まりです。
\(@^0^@)/やったぁ♪
恐妻と言われつつ、実はかなり真面目な主婦です。
って自分で言うか?(爆爆)

3日、4日と、群馬県まで穴窯焼成の体験をしてきました。
専門学校の学生君達13人と共に
初体験の私はドキドキワクワクの2日間でした。

例のごとく方向音痴で、迷いつつギリギリセーフで無事に穴窯まで到着。
行くと既に学生君と先生が準備中。

Img_0679奥で生徒が丸太割りや、
棚板をグラインダーで削り
アルミナを塗る作業をしています。

残りの生徒と私で
道具土を丸め
それを底にはり付ける作業。

食事班の生徒だけは
お昼のサンドイッチ作りを
していました。

そして窯詰め。

ツクにも道具土を付け、窯に並べる技は神業!
この写真の倍以上もあった作品が、すっぽり収まり
前側は余裕綽々。

Img_0684夕飯のバーベキューも終わる夜9時、
いよいよ火入れです。
お祓いはなかったけど、窯の神様にお祈りしてから
「初めちょろちょろ、
中ちょろちょろ。
最後は攻め焚き」と言われて、
一時間50度を目標に温度を上げていきました。

上の薪入れ口は、ちょっとよそ見をしている間に
開けられていて
そこから薪をくべていきます。
みんなで割った薪がすごい勢いで燃えていき
火の神様が宿ったように中で
少しずつ大きくなっていくのが見えました。

夜も更け、あまりの寒さに老人は挫折!(笑)
若い学生達に寝ずの窯番を任せとっとと床についてしまいました。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

付き添いの先生のお話では、夜中にきつねが来て
すぐそこまで見に来たそうです。
星も降るように見え、次回こそは
厚着にホカロンでやってこなければと思ってしまった。

翌朝は早くから起きて温泉に浸かり窯の所へ行く途中
昨日は気がつかなかった植物をいっぱい見つけました。

Img_0690Img_0694_1Img_0673Img_0674Img_0689Img_0698左上から
チューリップと水仙
ソメイヨシノが葉桜化するところ。(笑)
八重桜
つくし

萌葱色の山。
他にもよもぎ、蕗、等の山菜、見知らぬ花々が咲き誇っていました。
写真がうまかったら、もっとこの臨場感を伝えられるのに、
それが残念。

窯の前に行くと昨日とは様子が異なり
窯の中は火がメラメラ燃えさかってしました。
おきをこのくらい溜めないとならないけど
今はまだ、一時間50度しか上げちゃいけないんだよと先生。
学生君達は時計とにらめっこしつつ
「あげすぎた、やべー」「やべー!さがりすぎた」と(笑)
今夜が見もので、どんどん薪をくべ温度を上げて、
火が窯の後ろへ行き、煙突から火柱が上がるそうですが
一泊のみの約束だったので渋々帰宅しました。(ToT)

それにしても初めての穴窯体験で
こんなに手間暇かかるんだと痛感しました。

作陶するのも手間暇かかる物だけど
薪で焚くというのは、目も離せないし、油断もできない。
横着で、めんどくさがりの私には
真面目に温度を測る学生君達がすごく立派に見えました。

それにしても息子より若い彼らは
実に気持ちの良い子たちで、かわいかった。
「これ、くいます?」と金平糖を手のひらに乗せたのをくれたり
「食って下さい」って食事を勧められたり、実に楽しい時間でした。

将来、彼らの中から陶芸家になる子がいるかもしれないと思うと
ちょっと嬉しくなってしまう。(*^-^*)

お土産はご当地お菓子の「下仁田ネギポテチ」と「辛みそ」
採ってきた蕗は夕飯に。ヨモギは明日団子が作れたら作りたいなぁ。
つくしは「花粉によい」とされているけど
現地で食べてきたのでパスしちゃいました。(笑)

春はこれからの群馬の山の中で
携帯も通じないし、テレビもない2日間。
あるのはウグイスの声とチェーンソーの音。(笑)
薪を割る音や、焚き火のはじける音。
静かな山間の貴重な一泊二日間でした。

来年もまた行きたいなぁ。

|
|

« やはり駄目・・・(-_-;ウー | トップページ | よもぎ団子 »

コメント

おかえりなさいです。
穴窯体験は、とても貴重ですね。
たくさんの薪と労力によって成り立っているもの
なのですね。
大変そうだけど、同じ焼き物好きが集まって
ワイワイしている姿が目に浮かび
楽しかった風景が伝わりましたよ♪
最後まで居られてたら、もっと良かったですね。

帰りの花の写真も季節を感じます。
作品、楽しみにしています!!

今日、益子に行って来ましたので
良かったら見て下さい。

投稿: イフ | 2006/05/04 22:29

イフさん、コメントをありがとうございました。

楽しい二日間でした。
彼らと一緒にいると、いっぱいエネルギーをもらえそうで
充実した時間が送れました。

もう一泊出来たら、もっと別な体験もできたような気がします。
次回は別な日にまた行こうと思いました。

益子、良かったですね。
新作も拝見しました。
いろいろなことにチャレンジして
いろいろなものを作っていきましょうね。

投稿: 陶片木 | 2006/05/04 23:02

陶片木さん、おかえりなさい。
寒い中、本当にお疲れ様でした。
臨場感あふれるすてきな体験記ですね。
楽しさと充実感がリアルに伝わって来て、
感激しました。
本当にすてきな体験をなさったGWで、うらやましい
限りです。またまた、きっといい作品につながって
いらっしゃるのでしょうね。

投稿: レイコ | 2006/05/05 00:23

うらやましーーぃ♪
いいなぁ おつかれさまでした。
野山の桜もきれい~気持ちのよい季節なのですね。

ひっかかったのが
>息子より若い彼らは
  えええ~~~~っ!!うっそ!
陶片木さんのことは漠然と若い方と思ってました。
びっくりした~っ!
作品、楽しみにしています^^

投稿: michiko | 2006/05/05 07:12

穴窯体験、素晴らしい☆☆☆良い体験が出来ましたね。
羨ましいなぁ~。私もいつか、きっと・・・夢は大きく、をモットーに!!
この山の中の風景も心癒されますね。田舎育ちの私にとっては、「いなかに帰りたい病」がふつふつとわき出てしまいます(笑)
焼き上がりが楽しみですね♪♪

投稿: kei | 2006/05/05 11:06

レイコさん、michikoさん、keiさん
コメントをありがとうございました。

レイコさん
寒かったです。
昼は暑くて半袖でも大丈夫だったのですが
夜は完全防寒で行かないと駄目なくらい冷えました。

楽しかったです。
若いエネレルぎーってすごいです。
そのパワーをいっぱいもらった感じです。

新しい作品への意欲も湧き
気持ちも新たに作品に取り組みたいと思いました。

michikoさん
>漠然と若い方と・・・
結婚が早かったので、気だけは若いです。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

息子と1歳違いなのですが
おじさんの威厳のある息子とは違い
明るくて元気いっぱいでした。(^_^;)

作品は再来週になるそうです。
うまく焼けていると良いなぁと思っています。

keiさん
穴窯って本当に大変でした。
自然の中で、不便な中で、今の便利さを見直すこともできました。
ウグイスが鳴いて、川の音が聞こえて
まぶしい緑で目が癒されました。

貴重で、楽しい時間が送れて本当に嬉しかったです。
来年もまた行きたいなぁと思っています。

投稿: 陶片木 | 2006/05/05 18:38

おつかれさまでした。
充実した穴窯体験でしたね。
窯焚きの難しさは、いろんな所で聞いているけど、
記事の中でもその大変さ、伝わってきます。
(寒さとか温度調節とか)

花の写真、きれいです。
群馬の山の中で、季節を堪能されたようですね。

陶片木さんや、専門学校の学生の皆様が
これから良い作品を作られること、お祈りします。

投稿: ながつき | 2006/05/05 19:50

ながつきさん、コメントをありがとうございました。

携帯も通じない山の中で
素敵な体験をしてきました。

学生さん達は本当に純粋で、いいこが多かったです。
素直でかわいくて、いろいろな意味で刺激になりました。

穴窯って本当に難しいです。
でも、だからこそ、あの作品が生まれてくるのですね。
焼き上がりはまだまだ先ですが
ゆっくり待っていることにします。

投稿: 陶片木 | 2006/05/05 20:01

薪窯体験、お疲れ様でした~。
こちらの窯も無事焼きあがって作品も上がりましたよ。
初めての薪での焼成、予想以上に大変ですよね。
後は良い作品が出来るといいですね!

投稿: Potter-Y | 2006/05/05 22:59

陶片木さん、おかえりなさいでっす^^

単独お泊りが二度目!?
結婚すると、そんな感じなのでしょうか☆
(ん?陶片木さんが真面目だったのかぁ( ̄∀ ̄))

。。。。。
ミンナで力を合わせて作ってる感じがして、いいですね♪♪
群馬の夜は、まだそんなに寒いのですか~^^;
次回はぜひ、厚着で最後まで見届けてください!!笑
おつかれさまでした(≧∀≦)ノ♪

投稿: sii | 2006/05/06 03:19

Poteer-Yさん、siiさん、
コメントをありがとうございました。

Poteer-Yさん
疲れましたけど楽しい二日間でした。
果たしてどんな仕上がりになっているか
不安と期待でいっぱいです。

薪の焼成って本当に大変ですね。
こんなに大変だとは知りませんでしたが
良い勉強になりました。

siiさん
夫がうるさく、泊まりがけのお出かけは駄目なのです。
子供が大きくなって、やっと許された感じです。
って書くと、なんておしとやかな・・って勘違いしちゃいますね。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
家ではつおーい妻であり、母です。
たぶん、その抑圧されたストレスが
常にブツブツと噴火しているのだと思われます。(爆爆)

お山の中なので、夜は冷えました。
冬の格好で丁度良いかも。

投稿: 陶片木 | 2006/05/06 13:03

穴窯体験、いいですね~
炎を見ていると、やきものがどれだけ凄いエネルギーを使って生まれてくるかが分かって、神秘的ですらありますよね。
これからも、少しずつお泊まりを増やしていけるといいですね。
そしてまた、オフ会にご一緒したいです!(^^)

投稿: うっきー | 2006/05/08 18:28

うっきーさん、コメントをありがとうございました。

穴窯って大変ですけど、すごく楽しいですね。
薪割りも、道具土をつける作業も、
どれも大変でしたけど、すごく楽しかったです。

この間の野焼きに続いて、二度目のお泊まり。
夫はかなり不機嫌で、前回と同様に帰ってからが疲労困憊でした。(笑)
できれば家のことなど気にせず、
どんどんお出かけしたいのですが、
初めが肝心をちょっと甘えさせたのが失敗でした。(笑)

でも、ちょっとずつ増やして、
またお泊まりオフに行きたいです。

日帰りならたぶんどこでも大丈夫なんですけど、
今回、連ちゃんお泊まりだったので残念でした・・・。゚゚(>ヘ<)゚ ゚。ビエェーン

投稿: 陶片木 | 2006/05/08 19:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46438/9900929

この記事へのトラックバック一覧です: 穴窯体験日記:

« やはり駄目・・・(-_-;ウー | トップページ | よもぎ団子 »