« 有雅陶展 | トップページ | お彼岸 »

2008/03/09

二人の語ルシス

小学校の同級生が、
落語家さんと二人芝居を行うというので行って参りました。

Img_2326

同級生の芝居「貨幣」は以前見たことのある演目で
二度目だったけど、すばらしい一人芝居でした。

そして生まれて始めてみた落語。
このテンポ、この心地よい声、いいなぁ~落語って!
とちょっとファンになってしまいました。

二つ目の落語家さんである入船亭遊一さんの古典も
落語の裏話も実に楽しく引っ張り込まれちゃいました。

頭の痛いことの多い今日この頃だけど
昨日、今日とリフレッシュできてホント良かった。
明日からまたいつもの日常がやってくるわけだけど
こんな特別な日が休みのたびにやってくれれば
またがんばれそうな気がします。

行く前に父の墓参りもしてきて、紅梅が満開でした。
Img_2324

月末はお彼岸。
もうすっかり春ですね。

|

« 有雅陶展 | トップページ | お彼岸 »

コメント

気分転換できてよかったですね!

落語、奥が深いですよねえ。私もちりとて・・以来はまりまくりなんだけど、落語って片手間では聴けないんですよね。
それがまたいい。

紅梅もかわいい^^

>またがんばれそうな気がします。
私もこの可愛い梅を拝見して頑張ろうって思いました!

投稿: 桜桃 | 2008/03/09 21:42

桜桃さん、コメントありがとうございました。

梅はすっかり咲きました。
桜は一緒に見られるといいです。(*^-^*)

落語って楽しいですね。
なんたって、テンポがいい。
あのリズム感ある受け答えが楽しいです。

ふだん、記憶力が失われてきて
一回言われても覚えられないのに
落語はすんなり入ってくるのが不思議。
落語家さんは声もいいからなのでしょうか?

片手間では聴けない、
その集中力の必要なところがまた良いです。

投稿: 陶片木 | 2008/03/11 20:39

個展が終ったら・・
工房幽閉から釈放されて
あてどなくどこかを彷徨ってみたいと・・
密かに決めていたのですが
釈放は延期になって・・
またぞろ工房に閉じこもっています・・トホホ

わたしは・・・
ラジオをしかなかった時代
新聞のラジオ欄に赤線でマークして
落語を聴くのが好きな少年でした・・笑
落語全集とか・・講談全集も愛読書でした
でもあの時代の名人たちはすごかったなぁ・・

工房に閉じこもっていたら
いつの間にか花の季節
はやくデジカメ持参で散歩したい・・と
そればかり考えています・・笑

投稿: 桃青窯 | 2008/03/13 22:36

桃青窯さん、コメントをありがとうございました。

先日はお忙しい時間におじゃまをいたしまして申し訳なかったです。
でも、桃青窯さんのすばらしい作品をいっぱい見せて頂き
感激して帰りました。

落語は今まであまり興味がなかったのですが
じっくり聞いてみると、すばらしいですね。
古典はその言葉で躓いてしまうと、話が見えなくなってしまうという
自分の無知さを感じちゃうのですが
それでも必死に話しについて行くと
そのセンスの良さや、ユーモアに感動しちゃいます。

今度の作品は展示会向けですか?
また、ぜひともお声をかけてください。
楽しみにしております。

投稿: 陶片木 | 2008/03/15 11:20

先日はありがとうございました。
楽しいブログをお持ちなのですね!
また遊びにきまーす。
語ルシスのこと書いてくれてありがとうございます!!

投稿: ayako | 2008/03/18 13:32

ayaちゃん、コメントをありがとうございました。

「貨幣」以前に見せて頂いたときよりもさらに感動的なお芝居で、
最後の兵隊さんとの絡みは本当に最高でした。

ayaちゃんは同じ年とは思えないくらい、いつも若くてきれいで
それが私にはすごく嬉しくて励みになります。

またお芝居の案内を送ってくださいね。
楽しみにしています。

投稿: 陶片木 | 2008/03/18 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二人の語ルシス:

« 有雅陶展 | トップページ | お彼岸 »