« ダイエットの道(笑) | トップページ | 佐藤亮さん、陶芸展 »

2008/05/30

柿右衛門と鍋島

出光美術館で開催されいる「柿右衛門と鍋島」へ
hichaさんと行ってきました。

Img_2511

作品数の多さもさることながら、
完璧な状態で保存されていて、
その当時のままの形で目の前にある器に
ガラスの向こうにあることも忘れて
思わず身を乗り出して見ちゃいました。(^^;)

何より一番感激したのが、
柿右衛門をまねたマイセンの器との対比でした。
隣に並べてあるマイセンのそれは
柿右衛門に似ていながらも、やはり洋食器。

柿右衛門の図案に描かれていた「芝垣」を
何だと思ってまねて描いたのか
想像するだに楽しかったです。
(もちろん、私も「芝垣」がなにものか解らないんだけど)

今見ても斬新なデザインのものや、
美しいフォームや、凝った装飾。
特に何代目かの柿右衛門はいたずら心が満載で
壺の上に鶏や獅子がのせてあったり、
ドットの服を着た獅子もいました。(^^;)

それにしても、赤絵の赤はすばらしい。
今の赤とはまた違い、上品で重みがある。
瑠璃も今の知っている瑠璃とはほど遠い渋い色でした。

数がいっぱいあって、ひたすら
一生懸命見て回ったのだけど
たくさんごちそうを食べたあとのような
満足感でいっぱいでした。
チケットをくださった後輩のCさん、
本当にありがとうございました。
今度は一緒に見て回りましょうね。

|
|

« ダイエットの道(笑) | トップページ | 佐藤亮さん、陶芸展 »

コメント

おお?もうアップしている、、
今日はどうもありがとうございました。
それからチケットを下さったお友達のCさん、
お陰様で、陶片木さんと一緒に楽しませていただきました。
ありがとうございました。
ほんと、深い赤の色がとてもよかったですね。
自分のやっている土ものとは全く違いますが、
最初は唐津の窯で始めた、って書かれていて、ちょっとびっくり。
繋がっているのね、、、って、思いました。
帰り、そそくさと忙しくして、ごめんなさいね。
またよろしくね。

投稿: hicha | 2008/05/30 21:04

hichaさん、コメントをありがとうございました。

今日はありがとうございました。
すばらしい展示でしたよね。

赤絵の赤って、いろいろあるのですね。
何百年の時を経てもその赤がそのまま生きていて
それがすごく目を惹きました。

また、ご一緒に展示会を見に行きましょうね。
今日は楽しかったです。

投稿: 陶片木 | 2008/05/30 22:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46438/41372095

この記事へのトラックバック一覧です: 柿右衛門と鍋島:

» 色絵の世界 [花と野菜と器たち]
いつもお世話になっている陶片木さんに招待券をいただいたので、 二人で出光美術館で開かれている「柿右衛門と鍋島」展を見てきた。 一番初めの陳列が唐津だったので、え?と思ったのだが、 どうも、初期のものは、唐津の窯で焼かれたのだとか、、、 唐津と古伊万里、鍋島は、全く違うものと思っていたが、 どうやら関連もあるらしい。 とってもたくさんの古伊万里や鍋島が展示されていたが、 ハッとするくらい斬新な形や模様にはびっくりさせられた。 また、ドイツやイギリスなどで模倣されたも... [続きを読む]

受信: 2008/05/31 06:41

« ダイエットの道(笑) | トップページ | 佐藤亮さん、陶芸展 »