« 日本陶芸展と菊池ビエンナーレ展 | トップページ | 鳥のグリル »

2009/04/12

六地蔵

先日のオフでお江戸には六地蔵があって、
前回の花見オフで行った『太宗寺』にその一つがあり
第一回お江戸オフで訪れたこの寺に
その一番目のお地蔵様がいることを
ぶんぶんさんの日記で知ったのでした。

六地蔵は品川寺、太宗寺、真性寺、東禅寺、
永代寺、霊厳寺にあるのですが
永代寺には現存していないとのことです。
(ぶんぶんさんの受け売り)

Rokujizou

とても大きなお地蔵様で、
知っている昔話の「ろくじぞう」の
笠をかぶせたお地蔵様とはイメージが違いますが
こうやって、ずっと長い間お江戸東京を守ってくれたのですね。

お賽銭をあげ、お江戸と同じように、
我が家も守ってくださいとお願いをしてしまいました。

|
|

« 日本陶芸展と菊池ビエンナーレ展 | トップページ | 鳥のグリル »

コメント

記念すべき第1回オフの日、このお寺を訪ねたんですよね。宮部みゆきの小説に出てきた霊巌寺だと感激したっけ。でも、六地蔵のことはまったく知らず、当然写真にも残していません。いつかまた行ってみたいな。
残りの3つもご一緒しましょうね!(^^)

投稿: Tompei | 2009/04/12 20:39

Tompeiさん、コメントをありがとうございました。

このときには父の墓予定地くらいしか認識がなく
この六地蔵も見向きもせず、松平のお墓を見ただけでした。(^^;

残りのお地蔵様もこのサイズなのでしょうか。
是非、おまいりしたいです。
そのときはよろしくお願いします。(*^-^*)

投稿: 陶片木 | 2009/04/12 21:31

霊巌寺の六地蔵様は高いところではなく、低いところにいらっしゃるのですね?
お顔も若干面長のような・・・違いますよね?

きっとご利益があるでしょう^^
こうなったら全部まわりましょうね!

投稿: ぶんぶん | 2009/04/13 15:36

記念すべき第一回お江戸オフの時は全く気づかなかったというか、知らなかったというか。
気づきがあっただけでも、実りのあるお江戸オフですね。
これからも、いろいろあちこち回りましょう!

投稿: 桜桃 | 2009/04/13 22:14

ぶんぶんさん、コメントをありがとうございました。

お賽銭箱が私の腰のあたりくらいです。
なので低い場所にいらっしゃいます。

六地蔵のうち、現存するのは五地蔵なのですよね。
全部制覇しましょうね!(*^-^*)

投稿: 陶片木 | 2009/04/13 22:34

桜桃さん、コメントをありがとうございました。

こんなに立派なお地蔵様がいらしたのに
全く気づかずに通り過ぎちゃいましたね。(^^;)
あのときにみた、松平家のお墓のずっと手前にいらっしゃるのです。

改めて学ぶことの多いお江戸オフです。
これからもよろしくお願いします。

投稿: 陶片木 | 2009/04/14 08:10

そんなに大きなお地蔵さまがいらっしゃるんですねー。知りませんでした。私のイメージするお地蔵さまにこんな立派なものはなかったので、とても勉強になりました。お江戸オフって本当にすてきですね。お近くなら、ついて行きたいです(笑)

投稿: レイコ | 2009/04/17 06:56

レイコさん、コメントをありがとうございました。

大きいお地蔵様なのです。
お地蔵様のイメージって六地蔵のお地蔵様のような
背の低い小さなお地蔵様ですよね。
坐っていらっしゃるのですが
すごく高いところにお顔があります。

お江戸オフ、いつも勉強させて頂いています。
国文科なんて名ばかりの何もしない私でしたので
いまさらながら、勉強しておけば良かったと後悔ばかり。

レイコさんがこちらにお越しの際には
ぜひぜひご一緒に巡りたいですね。

投稿: 陶片木 | 2009/04/17 20:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46438/44646889

この記事へのトラックバック一覧です: 六地蔵:

« 日本陶芸展と菊池ビエンナーレ展 | トップページ | 鳥のグリル »