« 謹賀新年 | トップページ | 電動轆轤、その後 »

2010/01/17

あられ

あっという間に1月も後半。
ネタはあるけど、なかなか書く気力が起きずだらだらとここまで来てしまった。(v_v)

昨日、削る作品もあと一個になったので、また土管作りから始めました。
そしたら手がすっかり忘れておりました。
こんなに物覚えの悪かったのかと、知ってはいたけど自分に唖然としてしまった。(ーー;

ピアノもバイオリンも習っていたときは、なんだかんだ言いながら弾けたのに、それも練習を怠りだし譜面も見なくなった今はオタマジャクシにしか見えないし、指も動かないし、音も取れない。
粘土も同様。
1日練習を怠ると3日戻ると言われるように、粘土も戻るんだろうなぁ。
来月から家の都合で教室に行けないので、また振り出しに戻りそうな予感が悲しい。

昨日、来客のお帰りになったあとに、お正月の餅を薄く切って干したものがちょうど良い乾燥になったので揚げました。

Img_0040

少しの餅で、あられがいっぱい。
カラリと軽くあがって自己満足のおいしさでした。(笑)

昔、祖母が「かきもち」という乾燥した餅をよく送ってくれました。
関西の方では一般的らしいのですが、餅と長いもとを混ぜたものに、海苔やごまや豆が入っていて、それを油で揚げて食べるのです。
それが好きで、懐かしくて、自分のあられを食べながら思い出しました。
昔が懐かしいって歳を取ったってことなのでしょうね。(^^;)

|
|

« 謹賀新年 | トップページ | 電動轆轤、その後 »

コメント

本当に手仕事って、やらないと忘れてしまうもののようですね。私の場合はお菓子作りなんですが^^;
タルトを久しぶりに作ったら、またまたカンどころがどこかわからなくなってました(笑)
あられがおいしそうですね♪ 私もお供えのもちで作ったのですが、今年は揚げずにオーブンで焼いたら、ほかのことに気をとられて、うかつに焦がしました。
「かきもち」ありますよねー。昔も揚げて食べてましたよ。懐かしむ過去があるのはやはり年を重ねたからこそですよね^^v

投稿: レイコ | 2010/01/20 01:42

レイコさん、コメントをありがとうございました。

お菓子は本当に毎日作っていないし忘れます。(^^;)
このごろ、ますますいい加減に拍車がかかって駄目なんです。
先日はついに生まれて初めて砂糖と塩を間違えたし。(ーー;
信じられないくらい塩辛い角煮になりました。(v_v)

かき餅をご存じでしたか。
油の中でふわふわと膨らむのが楽しくて
薄甘くて大好きなお菓子でした。
懐かしい味は忘れられないです。

投稿: 陶片木 | 2010/01/20 22:53

おお~このあられ大好きです。
祖母は、焙烙で煎ってお醤油を掛けるのを作ってくれましたが、あまり好きではなくて、やっぱり油で揚げたのが好きでした。実家はお醤油とお砂糖でまぶします。
子供の頃は甘辛いのが大好きだったのですが、今は醤油だけのが好きです。でも食べ始めると止められなくなるので、最近は作りません。

ロクロ、一年触ってない私はどうなるんだろうか?怖い。。。

投稿: hicha | 2010/01/21 17:22

この、コロコロしたあられ、懐かしい♪
子供の頃のし餅の耳を干して母が作ってくれました。
我が家は揚げた後塩をまぶしたものです。
久々に食べたくなっちゃったぁ~

かき餅、知ってます。
たまに近所の方に頂きますが、
作りたてをもらうので、
焼いて食べてました。
ながいもが入っているとは、
知らなかった~

投稿: TOKIKO | 2010/01/21 18:47

hichaさん、TOKIKOさん、コメントをありがとうございました。

hichaさん
このあられ、おいしいですよね。
家で揚げると軽くておいしいです。

母も甘くするのです。
なので甘いあげせん。
おいしいですよね。
懐かしい味だったのだけど、息子が大喜びで平らげました。(笑)

TOKIKOさん
パンの耳や、餅のカラカラになったのや、昔って大事に最後まで食べた陽気がします。

かき餅ご存じですか?
油の中でおばけみたいに膨らむあれが大好きなのです。
色の付いたものや、海苔やごまのものどれも大好きでした。
祖母の手作りだったそうで、もう食べることができないのが残念です。
(自分で作る気力もないんだけど。(^^;))

投稿: 陶片木 | 2010/01/22 08:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46438/47314727

この記事へのトラックバック一覧です: あられ:

« 謹賀新年 | トップページ | 電動轆轤、その後 »