« にゃんこカップ、ゲット!\(^o^)/ | トップページ | ほっと一息秋の一日 »

2010/09/05

出光美術館 「日本美術のヴィーナス」

9月というのに、まだまだ真夏の太陽が照りつける中、出光美術館で開催中の「日本美術のヴィーナス」を見に行ってきました。

展示は時代を追って美人が登場。
菩薩は美人の象徴的なものなのでしょうね。
いきなり登場した「普賢菩薩騎象図」は、手を合わせたくなるような深い暖かさを感じました。

江戸時代の美人を追い、続いて同じお江戸でも菱川師宣の時代へ行くとまた雰囲気がぐっと変わりました。
ここのサイトで美人の変遷を顔だけピックアップして載せてありました。http://www.nichibun.ac.jp/~shoji/ukiyoe/heikin/
こういう見方もあるのですね。

全体を見るといままでは不自然なポーズで、一人の絵を描いていることが多かったのに、この時代からは複数が描かれることが多くなります。
その中でもやはり菱川師宣の描く美人画はすばらしい。
特に風俗画は、動きもあって音や香りまでしてきそうな臨場感溢れたものでした。
同じ風俗画でも他の画家にはない悪戯心のセンスが溢れていて楽しかった。

またその少し後の時代からは遠近法も用いた構図になっていて、それまでの不自然さがなくなっていて、それもまた興味深いものになっていました。

時代をさらに経て、明治の上村松園になるとまたさらに変わってくる。
全身より、上半身など顔のアップが多くなってくるのと、生え際などのデティールにこだわって描いてあり、また色遣いも中間色が多くなっています。

全く美術の勉強をしていない私ですが(高校の選択は音楽だったし)美人の変遷と同時に、絵の変遷も楽しむことができました。
でも、美術を選択した方からご覧になればかなり低レベルな発見なのでしょうね。(汗)

今回、一番衝撃的なことは小杉放庵の「天のうづめの命」のモデルが、笠置しずこだったってことでした。
確かに似ているけど、でもなぜ笠置しずこにしちゃったんだろう・・・
その当時人気だったから?(-_-;)
じゃあ、いまなら誰になるんだ?
AKB48?(^^;;;

真夏の展示だったからか、美人画は夏衣装が多いのか?団扇を持ち、色っぽい美人にいっぱい会ってきました。
暑さのせいか、美人の色気に当てられたのか、観賞後夫はいつもよりいっぱいお茶を飲んでおりました。(笑)

かわいい後輩!いつもいつもチケットをありがとう!\(^o^)/
目の保養をいっぱいさせて頂きましたよ。

|
|

« にゃんこカップ、ゲット!\(^o^)/ | トップページ | ほっと一息秋の一日 »

コメント

笠置シヅ子がモデルとは驚きですね!
学芸員さんの解説によると、両手を拡げたあのポーズは東京音頭を踊っている様子だそうですヽ(´▽`)/

…可愛い、だなんて…照れますぅヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

投稿: chikayama | 2010/09/06 23:52

chikayamaさん、コメントをありがとうございます。

本当にいつも感謝です!
夫と会話をすることの少ない疲れ切った我が家には、出光の鑑賞が唯一、同じものを観て語らえるチャンスです。

なるほど、東京音頭ですね!
確かにそんな感じもします。

絵だけ見るのではなく、学芸員さんのお話もお聞きできると、よりいっそう、絵への関心が深まります。
本当にありがとうございました。

やはり持つべきものは、可愛い後輩です!(*^-^*)

投稿: 陶片木 | 2010/09/07 19:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46438/49357848

この記事へのトラックバック一覧です: 出光美術館 「日本美術のヴィーナス」:

» 美術館めぐり [Fancy Pet]
今日は昨日の雨で一気に涼しくなりました。なんて身体が楽なんでしょう。 昨日は娘のことでむしゃくしゃすることもあって、静かな美術館へ心を落ち着けるために行ってきました。お一人様です^^ まずは有楽町帝劇... [続きを読む]

受信: 2010/09/09 20:57

« にゃんこカップ、ゲット!\(^o^)/ | トップページ | ほっと一息秋の一日 »