« 日本伝統工芸展 | トップページ | 保齢球inお江戸 »

2010/10/08

南宋の青磁

仕事帰りに、後輩に誘って頂き根津美術館の「南宋の青磁」の内覧会を観てきました。
「宙をうつすうつわ」というコピーにふさわしい砧青磁の数々でした。

小さな高台、しのぎ紋のある碗、鯱が付けられている耳付きの瓶、ろくろ目のある壺、茶と透明の貫入の入った壺、南宋の人々の手がそこにあると思うと不思議な気持ちになります。
彼らは何を見てこの青磁の色を出そうと思ったのだろう。
大きな中国の地図をみながらぼんやりと妄想していました。(笑)

そのあと二階の青銅器が飾られている部屋も見てきました。
青銅器っていうのは、教科書で習ったレベル。
記憶に残っているのはせいぜい銅鐸の写真くらいの脳みそ。(^^;;;
ところが、ここでみたのは容器としての青銅器。
しかもその装飾がとてもユニークで愛嬌がある装飾ばかりなのです。
まったく興味のなかった青銅器だったけど、一気にそのユニークな装飾に引っ張り込まれてしまった。(笑)

どんなふうに使うのか?目的も使用方法も解らないし、またその装飾の意味もわからないのだけど、そのパーツパーツに秘められた意味を尋ねたいとも思いました。

ブロガーのみなさんはすでに訪問済みの根津美術館。
一度いってみたいと思っていただけに本当に嬉しかったです。
館内の仏像はどれも笑顔で、それだけでも癒されてきました。

連れて行ってくれた後輩のCさん、本当にありがとうございました。

|
|

« 日本伝統工芸展 | トップページ | 保齢球inお江戸 »

コメント

たまたま今日地元の駅でポスターを見て、
面白そうだなぁと思ったところでした。

中国の青銅器のデザインは面白いですよね。
三つ足のうつわとかかなり好きなデザインです。

投稿: Potter-Y | 2010/10/10 20:34

Potter-Yさん、コメントをありがとうございました。

器としての青銅器は初めて見たのです。
装飾がユニークで楽しかったですよ。
こちらの美術館の青銅器は、本当にすばらしいものが集められているそうで、一見の価値があると思いますよ。

この美術館、お庭もすごく素敵だそうです。
今回は夜の時間だったので庭を観ることはできなかったのですが、次回は是非観に行きたいと思っています。

投稿: 陶片木 | 2010/10/10 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46438/49685919

この記事へのトラックバック一覧です: 南宋の青磁:

« 日本伝統工芸展 | トップページ | 保齢球inお江戸 »