« 現代工芸アートフェア | トップページ | 地震の爪痕 »

2011/03/16

いまできること

昨夜、レイコさんのブログを読んで私も義援金を郵便局から送金しました。

いろいろなところで受け付けていて、今日は駅前で某党が箱を持って受付をしていました。
無事に被災した方へ届けて欲しいと思うと、公的な機関から送金したほうが良いかなと勝手に判断して日本赤十字に送りました。

いままで町会の寄付や、教会への寄付をしたことはありますが、お恥ずかしいことに義援金を寄付したのは初めてです。
一瞬のうちに全てを失ってしまったことを想像すると、せめて自分ができることをしなくてはという気持ちになります。

我が家は計画停電の区域にもなっていません。
節電していると言っても、こうやってネットも見たいときにできる環境にあります。
こんな贅沢な生活ができるのも、電気があるからで、せめてできることをやっていこうと思います。

|
|

« 現代工芸アートフェア | トップページ | 地震の爪痕 »

コメント

陶片木さん、義援金のご送付、ありがとうございました。生協を利用していると、大きな災害のときには必ず募金活動が身近で行われるので、微力ながらもいつも募金させていただいているのですが、今回はまたケタ違いな災害ですから、どうしても規模の大きな経済的な支援活動が必要だと思っています。ご賛同いただけて、本当にうれしいです。ありがとうございます。

投稿: レイコ | 2011/03/17 04:33

レイコさん、コメントをありがとうございました。

私も微力ながらできることと思い送金しました。
あの画像を見ると胸が苦しくなって、自分でできることはないかと思っていたところにレイコさんのブログをみたのでした。
物資は送れるような環境になく、またそれよりも少量ながらもこの義捐金がお役に立てればと思いました。
余震も地震もまだ続く日々です。
レイコさんもお気をつけてくださいね。

投稿: 陶片木 | 2011/03/17 07:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46438/51136961

この記事へのトラックバック一覧です: いまできること:

» 日本生協連の行う支援活動 [レイコさんの食卓から]
募金活動が本格化してきましたね。 私は今回も生協コープかごしまの被災者を救援するための募金で協力させていただきます。 この募金は日本生協連を通じて、現地の支援に使われます。 日本生活協同組合連合会の山下俊史会長によると、被災地の生協は、施設に大きな被害を受けながらも、組合員・役職員が一丸となり、水・食品・毛布等の提供や避難所の設置、炊き出しなど、被災者のくらしを支えるために連日懸命な努力を続けているそうです。 全国の生協は支援物資や車両の提供、募金などに取り組み、日本生協連は... [続きを読む]

受信: 2011/03/17 04:34

« 現代工芸アートフェア | トップページ | 地震の爪痕 »