« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013/01/27

焼成完了

去年、息子が帰省したときに書いてもらった湯飲みが焼けました。

002_6

呉須が薄すぎたようですが、まぁ、読めるし。(汗)
にしてもこれは失敗湯のみだなぁ。(笑)
生で見るより写真で見る方が失敗がはっきりわかるところが悲しい。
きっと写真で見る方が、別な視点から見られるんだろうなぁ。

親子コラボで、「子離れできない」とご批判があるとは思いますが、そこは嫁が来るまでってことで。(∩_∩)ゞ
(来る日が来るのか?(ーー;・・・ですが。)

先月から2ヶ月かけてなんども作っては壊して急須にチャレンジしています。
昨日やっと納得いくパーツを組み合わせてみました。
一部、捨てられなかったボディは蓋物に。(笑)
さらに捨てられなかった口は一輪挿しに。(爆)

そして次回に向け、急須のでかいバージョン「ポット」にチャレンジ中です。
でも、ボディがどう見ても壺。(笑)
次回、気に入らなかったらまた壊してさらにでかい、もといボディを作らねば!

今年はもう少し使える器を増やしたいなぁ。
毎年それだけが願いなのが哀しいけど。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013/01/10

舌下の季節到来

今年もまた、舌下の季節がやってきました。

というわけで、大学病院へ行ってきました。
前回、血液検査した結果も帰ってきて、ちょっと驚きの数値でした。

002

ヒノキは0なの?
スギが過ぎ去っても(だじゃれじゃないです。(笑))5月までくしゃみが止まらないのに。
もしかして私って軽いの?
自分じゃ、最悪な状況と毎年涙にくれているのに。(ーー;

とりあえず今日から舌下で、来月から日記です。
今年は多いのかな?

秋と春は好きな季節なのに、花粉のおかげでこの数十年は春は大嫌いな季節になっています。
数値だけ見れば軽そうだけど、私にとっては辛い季節到来です。(v_v)
涙でいっぱいになる季節はごめんだ~~!
これで少しでも軽減できたら本当に助かるんだけどなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2013/01/06

浄心

去年、父のお墓に置いた湯飲みの水を交換するときに落としてしまい、高台を割ってしまいました。(v_v)
それで作陶、素焼きまで去年のうちに済ませていたものを、帰省した息子に文字を書いてもらいました。

前回も「浄心」と書いたのですが、習っていた書道教室の壁に貼ってあった言葉だそうです。

002

当時、サッカー三昧でじっとしなかった息子に「週一回くらいは座われ!」と書道を習わせたら、性に合ったようですっかり調子に乗り、中国まで招待されたこともありました。
とはいえ、やめて10年も経ったので本人は納得がいかないできだったようですが。

悪筆ばかりの我が家なので、冠婚葬祭用に文字の書ける人間が一人家にいるのは便利です。(笑)

教室があいたら本焼きをしていただこうと思っています。
お墓に持って行けるのはお彼岸頃かな?

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2013/01/02

変身

二日目、お役御免の本日、大晦日に作ったきんとんを変身させました。(笑)

005

飛びカンナの器に盛った芋ようかんは、もと栗きんとんです。(^^;
萩の湯飲みにお茶を入れて、あぁ~~~幸せだぁ~~~!(笑)

干支の蛇は、今年のラッキーカラーはブルー、ゴールド、オレンジと某占い師が書いていたのでそれを使ってこっちも変身。
ちなみに、このオレンジのボールはスーパーボールです(笑)

004

今年も皆様にとって良い一年でありますように!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013/01/01

2013年1月1日

昨年、義父が亡くなり新年は地味に過ごす予定だったので、代わりに実家でおせちを作ってきました。
でも、油料理が嫌いな母の所ではフライパンがなく、魚焼きも壊れていて、調理が思い通りに行かず中途半端おせちになってしまいました。(v_v)
おまけに「孫が好きな物だけ作れば良いから」と言われて、本格的に野菜の煮物を省いたからバランスもいまいいちだし。(汗)

001

とりあえずかまぼこ以外は作りました。
左のサーモンのマリネと、写真に載っていないけど大根と生ハムのサラダがおいしかったそうです。
きんとんはこの5倍も作ってしまい、明日芋ようかんに変身させる予定です。

(今写真を大きくして発見!テーブルの下が写っている(^_^;))

今年は厄年が家族に二人も!
無事に過ごせる平和な一年になりますように!と祈る想いです。

みなさま、今年もお見捨てずならず、どうかよろしくお願いしたします。(^^;

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »