« 舌下の季節到来 | トップページ | 第39回お江戸オフ~雨の鎌倉 »

2013/01/27

焼成完了

去年、息子が帰省したときに書いてもらった湯飲みが焼けました。

002_6

呉須が薄すぎたようですが、まぁ、読めるし。(汗)
にしてもこれは失敗湯のみだなぁ。(笑)
生で見るより写真で見る方が失敗がはっきりわかるところが悲しい。
きっと写真で見る方が、別な視点から見られるんだろうなぁ。

親子コラボで、「子離れできない」とご批判があるとは思いますが、そこは嫁が来るまでってことで。(∩_∩)ゞ
(来る日が来るのか?(ーー;・・・ですが。)

先月から2ヶ月かけてなんども作っては壊して急須にチャレンジしています。
昨日やっと納得いくパーツを組み合わせてみました。
一部、捨てられなかったボディは蓋物に。(笑)
さらに捨てられなかった口は一輪挿しに。(爆)

そして次回に向け、急須のでかいバージョン「ポット」にチャレンジ中です。
でも、ボディがどう見ても壺。(笑)
次回、気に入らなかったらまた壊してさらにでかい、もといボディを作らねば!

今年はもう少し使える器を増やしたいなぁ。
毎年それだけが願いなのが哀しいけど。(笑)

|

« 舌下の季節到来 | トップページ | 第39回お江戸オフ~雨の鎌倉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焼成完了:

« 舌下の季節到来 | トップページ | 第39回お江戸オフ~雨の鎌倉 »