« プレッツェル | トップページ | 皇居東御苑 »

2013/04/17

はしご

今日は朝から医者へ行く用があったので、都心へお出かけしました。(*^-^*)

まずは六本木で開催中のミュシャ展

Dsc_0293

ミュシャは、アールヌーボーの柔らかい曲線を中心としていて、やさしく明るい色彩の物が多いくらいの知識しかありませんでした。

でも実はポスターだけではなく、生涯をかけて「スラブ叙事詩」を完成させていったことがわかりました。
その精力的な作家活動は、祖国愛の信念のようなものを感じました。
館内ではスメタナの「モルダウ」が流れていて、それがミュシャの描いた絵と共に強く訴えてもきました。

ミュシャのイメージは華やかな絵の人としか知り得なかったのですが、もう一人の愛国心溢れるミュシャを観られて嬉しかったです。

その足で今度は日本橋三越で開催中の「東日本伝統陶芸展」を観に行きました。
ちょうど今日から開催なのでギャラリートークもありました。

Dsc_0294

こちらもたくさんのギャラリーです。

すばらしい作品の中に、知っている先生方のお名前もいっぱいあって嬉しく思いました。
以前、国際フォーラムでご一緒だったじゅんころさんの先生、保立先生の作品が朝日新聞社賞を受賞されました。

その後もう一軒寄って本日の予定は終了です。
計4軒のはしごデーでした。(爆)

本当はポピンズさんとご一緒する予定だったミュシャ。
事前に「予習」とテレビ番組も紹介していただいたのに残念でした。
またお休みの日にご一緒しましょう!

|
|

« プレッツェル | トップページ | 皇居東御苑 »

コメント

盛り沢山でしたね^^
ミュシャは私もポスターぽいやつしか認識がなかったです。
祖国への思いがテーマだったのですね。
重かったけど見て良かったと思います。

投稿: みるきい | 2013/04/17 21:47

みるきいさん、コメントをありがとうございました。

明るいポスターのイメージだったので、
スラブ叙事詩は深く重い絵ばかりでした。
BGMのようにスメタナの曲が聴こえてくる場所があり
その絵と相まって良かったです。

投稿: 陶片木 | 2013/04/17 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46438/57193280

この記事へのトラックバック一覧です: はしご:

« プレッツェル | トップページ | 皇居東御苑 »