« 札幌雪祭り | トップページ | 黄瀬戸茶碗 »

2017/02/13

小樽

前日の疲れは一晩寝たら復活できたものの、インフルの娘は咳が酷いそうです。
とはいえ、処方された薬を飲んでひたすら寝るしかないでしょう。
それにしても後期試験のまっただ中、よりにもよってインフルになるなんてアホだ・・・(v_v)

とりあえず娘の洗濯物を終わらせ、のんびり寮に一緒にいても試験の邪魔だと言われて、以前からの予定通りこの日は小樽まで行くことにしました。

道産子のCherryから予めこんなルートでどう?と言われた物を忠実に歩いてみました。(∩_∩)ゞ
だって、超方向音痴だもの、寄り道も、開拓も無理無理!
小樽を降りたら運河に向かって歩き、そこから境町通りを散策しつつ歩くコースにしました。

16708356_1946606448902034_446025421

小樽運河です。
人は多かったけど静かでした。

そのあと「かま栄」の工場直営店まで歩き揚げたてのかまぼこを食し、(これがほんとに揚げたてでおいしかった!)北菓楼でシュークリームを食し、LeTAOのお店を眺めて北一硝子のお店も一通りみました。

そこから境町通りに出て、人も賑やかでどのお店を観ようかなと思っていたらわっさわっさと雪!
そりゃ雪国だもの、雪くらい降るよ!
とは思っていたけど、いやはやすごい!

途中、オルゴールのお店で演奏を聴きました。


074

これはからくり人形とオルゴールのセット。
少年が持ってるのはパン。
戸棚を開けてジャムをとろうとするとまずハエが出てきてビックリしてジャムが取れない。
でも、はえがいなくなったからもう一回とろうとするとおばあさんが出てきて少年を叱る。
「ボクはパンに塗るジャムが欲しいんだよ」と言うけどあえなく撃沈。
そんな少年をあざ笑うかのように足下のリンゴにねずみが出てくる。

オルゴールと共にそんなからくり人形が織りなす物語。
どんな人がこれを観て聴いたのでしょう。

表に出るとまた雪!
とりあえず駆け込んだお店は事前にCherryから聞いていた「お父さん預かります」の昆布のお店

078

買い物に忙しいお母さんのおつきあいは疲れちゃうと言うお父さんを預かってくれるお店。
でも、買い物に夢中のお母さんももちろんOK
と言うわけで昆布茶を頂き、がごめ昆布のお味噌汁を頂きしっかり暖まってきました。(^▽^;)

表に出ると降り、入ると小休止。
私は雪女か!ヾ(`◇´)ノ彡☆
と思いつつ、帽子をしっかりかぶり最後は三角市場で遅いお昼を食べました。

087

待った甲斐があった、お刺身定食1300円なり。
これだけボリュームがあってこのお値段。
しかもおいしかった!

超満員でなかなか入れなかったけど待つ甲斐のあるお店でした。

すっかりインフルの娘の存在を忘れて、帰りの新千歳行きの電車に乗っていきなり爆睡。
気がつくと人がみんな降りていく。
見れば「さっぽろ」
なぜかそこで「降りなきゃ!」と飛び降りたアホです。(v_v)

そのままおとなしくしていれば新千歳まで座って行けたのに、とびおりたばかりにそのまま立って新千歳でした。(v_v)

以前札幌の朝市で食べたときよりずっとおいしかった。
また行きたいなぁ。(^^;

|
|

« 札幌雪祭り | トップページ | 黄瀬戸茶碗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46438/64889919

この記事へのトラックバック一覧です: 小樽:

« 札幌雪祭り | トップページ | 黄瀬戸茶碗 »