旅行・地域

2017/02/13

小樽

前日の疲れは一晩寝たら復活できたものの、インフルの娘は咳が酷いそうです。
とはいえ、処方された薬を飲んでひたすら寝るしかないでしょう。
それにしても後期試験のまっただ中、よりにもよってインフルになるなんてアホだ・・・(v_v)

とりあえず娘の洗濯物を終わらせ、のんびり寮に一緒にいても試験の邪魔だと言われて、以前からの予定通りこの日は小樽まで行くことにしました。

道産子のCherryから予めこんなルートでどう?と言われた物を忠実に歩いてみました。(∩_∩)ゞ
だって、超方向音痴だもの、寄り道も、開拓も無理無理!
小樽を降りたら運河に向かって歩き、そこから境町通りを散策しつつ歩くコースにしました。

16708356_1946606448902034_446025421

小樽運河です。
人は多かったけど静かでした。

そのあと「かま栄」の工場直営店まで歩き揚げたてのかまぼこを食し、(これがほんとに揚げたてでおいしかった!)北菓楼でシュークリームを食し、LeTAOのお店を眺めて北一硝子のお店も一通りみました。

そこから境町通りに出て、人も賑やかでどのお店を観ようかなと思っていたらわっさわっさと雪!
そりゃ雪国だもの、雪くらい降るよ!
とは思っていたけど、いやはやすごい!

途中、オルゴールのお店で演奏を聴きました。


074

これはからくり人形とオルゴールのセット。
少年が持ってるのはパン。
戸棚を開けてジャムをとろうとするとまずハエが出てきてビックリしてジャムが取れない。
でも、はえがいなくなったからもう一回とろうとするとおばあさんが出てきて少年を叱る。
「ボクはパンに塗るジャムが欲しいんだよ」と言うけどあえなく撃沈。
そんな少年をあざ笑うかのように足下のリンゴにねずみが出てくる。

オルゴールと共にそんなからくり人形が織りなす物語。
どんな人がこれを観て聴いたのでしょう。

表に出るとまた雪!
とりあえず駆け込んだお店は事前にCherryから聞いていた「お父さん預かります」の昆布のお店

078

買い物に忙しいお母さんのおつきあいは疲れちゃうと言うお父さんを預かってくれるお店。
でも、買い物に夢中のお母さんももちろんOK
と言うわけで昆布茶を頂き、がごめ昆布のお味噌汁を頂きしっかり暖まってきました。(^▽^;)

表に出ると降り、入ると小休止。
私は雪女か!ヾ(`◇´)ノ彡☆
と思いつつ、帽子をしっかりかぶり最後は三角市場で遅いお昼を食べました。

087

待った甲斐があった、お刺身定食1300円なり。
これだけボリュームがあってこのお値段。
しかもおいしかった!

超満員でなかなか入れなかったけど待つ甲斐のあるお店でした。

すっかりインフルの娘の存在を忘れて、帰りの新千歳行きの電車に乗っていきなり爆睡。
気がつくと人がみんな降りていく。
見れば「さっぽろ」
なぜかそこで「降りなきゃ!」と飛び降りたアホです。(v_v)

そのままおとなしくしていれば新千歳まで座って行けたのに、とびおりたばかりにそのまま立って新千歳でした。(v_v)

以前札幌の朝市で食べたときよりずっとおいしかった。
また行きたいなぁ。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

札幌雪祭り

札幌雪祭りに行ってきました。

いちど自分の目で見てみたい!
と思っていたので、2ヶ月くらい前から勝手に計画をしていってきました。

ところが、その少し前から娘がインフルエンザ。
寮生活で、その部屋に泊めてもらおうと思ったのだけどそれは危険!
でも、熱もあるらしいし心配だから差入持っていきたい。

そんなわけで急遽あれこれ買い込んで娘の所に行きました。
でも、その前に初めて観る雪像にワクワクでした。o(^O^*=*^O^)o

012

023

053

040

030

紹介しきれないくらいたくさんの雪像。
周りには美味しい屋台。(笑)

010_2

湯気は香りと共に胃袋を誘います。

一通り観て、娘の寮へ行きました。
プロジェクションマッピングも実は初めて観て、うまくできているなぁと感心してしまいました。(笑)



この日は仕事を半休にしてきたのでほぼへろへろ状態。
寮へ行き、お風呂に入ったらほぼ爆睡でした。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/11/27

一泊二日 札幌の旅 2日目

初日は4時に起きでほぼ丸一日動き回り、目は食べたい!飲みたい!でしたが結局お歳には勝てずホテルに帰りいつの間にか爆睡。
翌日は早朝からおなかが空いて目が覚めちゃいました。(笑)

そんなわけで7時前からホテルから歩いて行ける二条市場へ。

ふらふらとまだ準備もできていないお店を見て回って、一軒だけ「開店中」のお店に入って海鮮丼をいただきました。

Photo_12

おいしかった!
一つ一つの具材が生きていて、喧嘩しないで美味しく収まっていてあっという間に完食してしまいました。(^^;
これに蟹汁がついてきました。

帰りに昨日の大通り公園は昼はどんな様子なのだろうと観にいってみました。

Img_0632_3

手前のツリーが赤く輝いていて、奥の白いのが金色に輝いていたんだ!
と、昼と夜の違う顔が見られてちょっと楽しかったです。

一泊二日の若干駆け足の度でしたが、Cherryのおかげで満喫できました。
本当にありがとうございました。

次回こそ、ビール工場へ行かねば!と、熱く心に誓い帰路につきましたが、前回もでしたがANAはどうも相性が悪いのか、乗ると必ず耳が変になります。
単純にふさがった感じではなく、非常に耳が痛むのです。
他の飛行機に乗ってもそのような経験がないのに、ANAだけは毎回というくらい耳が痛みます。
これって通る高度や経路の問題なのかな?

でも、安くいけてANAホテルにも泊まれて、Cherryにも会えて楽しい旅でした。
まだまだ娘は北海道で暮らすし、育大義名分はいっぱいある!(^^;

おいしくて楽しい北海道、次回はもう少し長く行って愉しみたいなぁ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

一泊二日 札幌の旅 1日目

今年も札幌で開催されているミュンヘンクリスマスへ行くべく、札幌へ行ってきました。
今回はお泊まりで!(*^-^*)

今回のメインは昨年と同じくミュンヘンクリスマスだったのですが、まずは大義名分の娘の寮へ。(∩_∩)ゞ

ご挨拶をしたあと、一緒にランチにラーメンを食べ、行きたかったビール工場へ!と行く気まんまんだったのに、どこで間違ったのかサッポロファクトリーへきてしまいました。(笑)

もうここではビールを造っていないのだけど、とりあえず一杯!
ってことで生ビールを一杯飲んじゃいました。(^^;

表にはサンタさんが煙突に登っていたのですが、別な人にも見えちゃいました。(笑)

Photo_2

13時半にCherryとの待ち合わせがあるので急ぎ札幌駅へ。
その後は観光バスで大倉山と羊蹄山のクラーク博士に会いにいくツアーに参加しました。

以前、娘と大倉山に来たときはリフトが調整中で動かなくて下からだけの見学でしたが、今回はリフトに乗り上までいくことができました。

Photo_3

吸い込まれるような高さ。

ここから飛んでいく時、それは恐怖ではなく、昨日よりより遠くへという希望でいっぱいなんでしょうね。

そこからバスでそれほど遠くなかったと思うのですが、まだ4時なのにクラーク博士に会いに行ったときにはもう日も暮れかかってきました。

Photo_4  

遠くに札幌ドームが銀ピカピカに見えます。(^^;

バスに揺られて早朝から出発したので気持ちよくうつらうつらしつつ再び駅へ。
スープカリーを経験しました。

Photo_5


おいしい!
揚げた野菜と、とろとろの豚の角煮、大きな海老に海老味のスープ。
スパイシーで、身体がほかほか。

さぁ!ホットワイン飲んでもっと暖まらなきゃ!ヽ(^0^)ノ
と、大通り公園のミュンヘンクリスマスへ。

Photo_6



Photo_7


Photo_8

Photo_9

Photo_10


Photo_11


5

このパエリア、今年はおなかいっぱいで食べられなかったけどおいしそうでした。

今年はスープカリーでおなかもいっぱいで、目はすごく欲しがるんだけど結局ホットワインとほっとサングリアだけ。
でも、あまくておいしくて寝不足でぼーっとしていなかったらもっと飲んでいたかったかも(笑)

続く


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/09/26

五社巡り

土曜日に富士山の裾にある浅間神社の五社巡りに行ってきました。
あいにくの曇天。
雨も降る予報。
バスの旅だし大丈夫でしょう!(笑)

でも、見事に予報が当たりドシャブリの雨風の中の五社巡りになってしまいました。(^^;

もっと早くに行きたかった北口本宮浅間神社。

61

ここだけは雨にも濡れずちゃんとお詣りできました。

60

御祭神は
このはなさくやひめのみこと
てんそんひこほのににぎのみこと
おおやまずみのかみ

荘厳で手を合わせたときにずんと響くような感じがありました。
社殿の周りには樹齢数百年の杉や檜。
天気が悪かったのもあり人も少なく、なおいっそう静かで神聖な空気に包まれていました。
裏手には江戸時代富士登山のメインルートでもある吉田口の入り口があります。
昔はここから登ったのね。

017

続いていったのは「河口浅間神社」

018


そして三つ目は「富士山本宮浅間神社」

037

この本殿は「浅間造り」と呼ばれるそうで特殊な構造だそうです。

ほんとは樹齢千年以上の巨木が7本もある森林浴で肺の隅々までリフレッシュできる神社ですが、あいにくのドシャブリになってきちゃいました。(v_v)

033

湧玉池もこの通り。
持っていったペットボトルにお水をいただきお詣りしてきました。

034

牛もびしょ濡れ。

63

遅めのお昼は富士宮やきそばにしました。

うぅ~~~~ん・・・
煮干しの粉が振ってあるんだけど、私は鰹節の方が好きかも。

最後は東口の本宮冨士浅間神社

041

富士山の字が「不二」になっているんですよ。

5つの神社をのんびりとバスで巡るツアー。
ほんとはこの夏富士山登山をしたかったのだけど、「そんな運動不足で何が登山だ。挫折して周りに迷惑をかけるからやめと」と家族から反対され渋々あきらめたのでした。(ーー;

もともと浅間神社には行きたかったし、富士山のそばだし、登れなくてもそばまでいけるし見えるじゃないか!
ってことで行ったけど、見事に見えませんでした。(笑)

とはいえ厳かな気持ちでお詣りもできたし、気持ちが楽になった気分でした。

来年こそは自分の足で登りたいなぁ。
でも、それには日々の運動か・・・(;´д`)トホホ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015/12/21

日帰り北海道の旅

北海道へ友人に会いに行ってきました。
初LCCにも乗ってみました。

GWに乗ったアリタリアよりずっと広く足も伸ばせるし、窓側でも寒くないし、不要なサービスもないし、この価格で?ってくらいお安い金額で行けて驚くくらい快適な旅でした。

とはいえ、日帰り北海道はやっぱりハードでした。
朝一、4時台のローカル線で羽田へ行き、7時台のLCCに乗り、快速エアポートで9時半に札幌へ。

西と東の改札を間違え相変わらずの方向音痴炸裂だったのですが、無事に友人と再会できました!

070

駅から歩いてすぐに見えてきたのは旧北海道庁。
拝観は無料。
高い天井、古い階段、木のドア外壁だけでなく中も明治がそのまま生きています。

そのすぐ脇のビルの中にあるフリースペースで、たっぷり6年分のつもる話をしました。
3時間くらい話し込んだところで、さぁ、札幌ラーメンを食べに行こう!といざ、すすきのへ。

024

ラーメン横丁と言われる通りを歩くと、○○番組出演!の文字が躍ります。

道産子の彼女の案内で行ったお店はあいにく17時からの営業。
それではと、こちらに連れて行ってもらいました。

028

左側にあるのはハートの形のご飯。
そこにこのラーメンスープを入れておじやを作るのです。

いつもラーメンスープは飲まない方だったのですが、このスープは絶品でした。
初めて最後まで飲みほしたいと思ったラーメンスープでした。
初ラーメンスープのおじやもおいしかったです。

ラーメン屋さんでもまったりと話しこみ、日も暮れかかった夕刻に大通公園へ移動して「ミュウヘンクリスマス市」へいきました。

Photo_3

かわいい小物がいっぱい。

2

おいしいものもいっぱい!

ホットワインを片手に、お店をのぞき見。

ビニールテントが用意されていて、手にいっぱい食材を持っていたら「いいよ~!」と先に入れてくれたお嬢さんがいたり、相席になったお兄さんが飲んでいたビールがホットビールと解るとお店や作り方を説明してくれたり、アットホームな雰囲気ですごく和む空間でした。

もっともっと食べたり見たりしていたいけど、帰りの飛行機が待っている。(ーー;

054

駅に向かうと大通公園はホワイトクリスマスのイルミネ-ション。
最後になって、スマホは自撮ができると思い出し慌てて写真を撮り帰路へ。

本当は泊まってゆっくりしていきたかったけど、早く帰らなきゃならない事情があって残念でした。
まだまだ話は尽きない!
友人からは「やっと一人で旅に出かけられるようになったんだね」と言われて、ホントにこの数年で自分も変わったことだなぁと思い返しました。

それにしても札幌駅を7時25分に乗って、家に着いたのは10時ちょっと過ぎ。
ホントに近かった。

また春になったら会おう!
続きの話をしよう。
昔、みんなと飲んだ「獺祭」探して持っていくからね!

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2014/07/19

そうだ!富士山のそばまで行こう!

そんなわけで、突然富士山のそばまで行ってきました。(^^;

登るには問題がありすぎなくらい体力不足。
でも、そばまで行ってパワーをいただきたい。
それならば、バスツアーなら現地まで運んでくれるし、迷子にもならなくて済むし!
ということで、突然思いついたようにいってきました。(^_^;)

とはいえ、梅雨まっただ中。
予報では雨。
富士山が見えないなんて・・・とお天気同様どんよりした気分で出かけたのですが、北口本宮富士浅間神社に到着するとお日様が顔を覗かしてくれました。

001

根元が一本になり、途中で2本に分かれており、地上13メートルで一つになっている「富士夫婦檜」があり、わが家は背中合わせの夫婦なのだけど、ほんのちょっとでもいいからパワーをいただきたいとみてきました。(^▽^;)

004

すごく立派で、パワーをいっぱいいただけそうな感じがします
でも根っこはねじで留められており、そばで見ると痛々しい感じがします。

ちょっとだけお日様が出てきたけどやっぱり富士山は見えません。
ガスで曇って空は真っ白。

次にいった「忍野八海」は暑いくらいのお天気になり、当初「食べる時間がとれそうもないので事前にお弁当を買ってください」と言われたけど、忍野八海で食べる時間ができ、八つの池を探すより、ついお土産グッズに目がくらみ、真面目に池を観たのは4つだけでした。(^▽^;)

010

ここの水車でひき、うったそばを食べました。
腰があって本当に美味しい。

こんこんとわく、わき水も飲んでこのままお天気が続くと思っていたら、山の天気は気まぐれ。
突然の雷雨が来ちゃいました。(ーー;

014

音止めの滝

017

白糸の滝

どちらも水量が多く爆音をとどろかせています。
霧が立ちこめ、また雨もちらつき写真だとよく見えないのですが迫力のある美しい滝でした。

いずれも日本の滝百選・観瀑です。

このまま土砂降りで終わるのか・・・とどんよりしていたら、気まぐれなお天気がまた変わり一転お日様が顔を出してきました。

そして富士宮本宮浅間神社へ。

023

この神社に来た目的はただひとつ。
まったく色気のない娘にご縁がありますように!
と、お願いしたい気持ちを抑えてお詣りしてきました。

以前行った伊勢神宮で、神様には感謝をしてお願いはしないことと聞いたからなのです。
でも、ホントにほんとにのど元までお願いをしたい気分でした。(v_v)

裏側にある「湧玉池」でご神水をいただきました。

025

昔はここで身を清めてから登山したそうです。
イワナが泳いでいて、それを鵜が好き放題とっていました。(笑)

030

あいにく後ろ姿だけの鵜ですが、上手にとって泳ぐ姿を観て、鵜飼いの鵜は食べる前に人間にとられちゃうけど、ここの鵜は食べる分だけとれて幸せねと思ってしまいました。(笑)

あとは楽しいお土産ツアー。(笑)
B級グルメ「富士宮やきそば」と「富士ビール」をいただきました。

そして帰り際、名残惜しんでくれるように富士山が姿を見せてくれたのです。

038

バスの中からなので電線も入っていまいちですが、バスの中で歓声が上がりました。
そばまで行けて良かった!
富士山が観られて良かった!

今度は五合目までバスで!
(。_゜☆\ ベキバキ

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2014/02/02

お伊勢参り

金曜の夜からバスでお伊勢参りに行きました。

1日に赤福の「朔日餅」があるのと、一度お伊勢参りに行きたかったのと、たまたまキャンセル待ちのツアーがあったのと、もろもろの利害関係が一致して。(笑)

夜の10時半に新宿へ行き夜行バスに乗るのは何十年ぶり?
ワイドシートなのに隣の夫とは狭いし。(v_v)

途中、2度トイレ休憩の後、5時前におかげ横丁に到着。
「朔日餅に行く方はご一緒に!」と言われてぞろぞろ真っ暗なおはらい町を旗の下みんなで歩く事数分。
やたらと明るいお店発見!
そのすぐ脇を長い行列があるのも薄暗い中に発見!
これが噂の赤福の行列!!\(゚o゚;)/

004

006

ものすごく寒い川風のある橋の上で、みんな並んで待っている。
とても買えないよ!と夫に言ったのに「並んでみる」と・・・(ーー;

私はおかゆの方が良いよぉ~~!とそばにあった「「すし久」に並んで30分。
やっと若菜がゆにありつけました。(^_^)

002

反して夫は、2時間待つと言われてあきらめて、赤福内で朔日餅を食べるコースに変更したそうです。(笑)

私はおかゆを待つ間に体中きんきんに冷え切っていて、おかゆくらいじゃまったく暖まらない!(ーー;
おまけにお店の中には暖房も入っていないし。
そばにあったコンビニでカイロを買い、やっと体温復活できました。(v_v)

バスに戻り次は外宮の参拝です。
おかげ横丁より前に参拝だろう!と思いつつコースなので。。。

010

冷たい空気が身体に染みます。

手水の正しい使い方。
参拝の手順。
「正宮」ではお願い事をしてはいけないけど、その次の神様はちょっとならしてもいい。
などなどをガイドさんから説明がありました。

二拝二拍手一拝の間に、自分の住所と名前も言うのね。
以前、聞いたことがあったのにすっかり忘れていました。(v_v)

正宮からお詣りをしたあとは「神馬見参」があると聞き待つこと20分。(^^;
やっとお馬さんがやってきました。

017

馬を見ていたら集合時間ぎりぎり!
大慌てで走ったら、夫がガイドさんが「馬がお辞儀をするのを見たら」って言ってくれたよ。」と言われたけど、すでに走り始めていて馬がお辞儀をするのを見られなかった!(T0T)
それがちょっと残念だったけど、本当におとなしいお馬さんでした。

続いてバスで猿田彦神社で下り、宮司さんから説明をお聞きしたあとお詣りをして、八角形の文字盤に祈願しました。(^^;

仕事運をあげたい人は
亥→卯→未
金運をあげたい人は
巳→酉→丑
精神的な安定や財産を手に入れたい人は
申→子→辰
人気や才能を高めたい人は
寅→午→戌

これを手のひらで刻まれた文字をぐっと強く押さえると良いと聞き、しっかり押しちゃいました。
でも、刻印が手ですり減っていて、夫は違う干支を押してしまいました。(笑)

そこから内宮へは歩いて行けます。

032

真新しいヒノキの鳥居です。
同じく正宮がらお詣りして、再びおかげ横丁へ。
そこで早めのランチです。

038

037

私はマグロの手ごね寿司
夫は海鮮丼
どちらもすごくおいしかったです。

立ち食いでコロッケや肉を食べたり、ビールや日本酒を飲んだり、朝夫が一人で食べた朔日餅を食べたり、暖かくなってきたのもあってたっぷり観光を楽しみました。(^^;

035

赤福で食べた朔日餅
節分なので、黒豆と大豆の入った大福です。
おいしかったぁ~~~!

今回の旅行で知ったこと。

朝は買えなかった朔日餅が、10時頃なぜか買えました。
この日の朔日餅は(滅多にないことだそうですが)人が並ぶのが少なかったそうで、10時過ぎまで残っていたそうです。
(普段なら7時頃に完売だそうです。)

この辺りの人たちは朔日餅は買わずに、お店で食べるようにしているそうです。
それなら並ばないで食べることができるからだそうです。
待っても20分くらいだそうで、この日はほとんど待たずにすぐには入れました。

お土産にお薦めされた「さめのたれ」は、おそるおそる試食したらすごくおいしくて(ちょっと塩気が多かったけど)買って帰ってきました。(^^;
酒のあてにすごくいいです!
試食できるのはおかげ横丁の「ぎょれん」というお店だけだそうです。(ガイドさんの受け売り)

あとは朔日餅は事前予約できることでした。
いってみなきゃ解らないことはいっぱいあるけど、私の場合は事前調査不足ですね。(笑)

そしてお土産はもちろんこれ

057

そして

055

運良くゲットした朔日餅です。(笑)

写真はないですがさめのたれと、若松屋のひりょうずも買ってきました。(∩_∩)ゞ

そしてこの日歩数は19433歩でした。
食べた分は消費できたのか?(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2011/10/18

パール婚 2日目

さて、翌朝はお楽しみの朝市です。o(^O^*=*^O^)o

ホテルのバイキングの代わりに、朝市で私はイカ丼、夫はイカ定食にしました。

Ika

昨日忙しすぎた疲れが出てきたのかここでのんびりと食べていると本格的な雨。
とりあえず屋根のある会場へ入ると、そこでこんなパフォーマンスをやっていました。


(端が欠けて見えない方は画面のいっぱいにすると見られます。)

でも、グロイですよね。ありがたく食べないと罰が当たると実感でした。
とはいえ意外と小心者の私は、このイカを食べられませんでした。(汗)

気がつけば晴天!
蟹を撮り忘れましたが、おいしいものがいっぱいで目移りしちゃいました。

Asaiti

おなかもいっぱいすぎるくらいいっぱい。
元町をいっぱい歩けばまた入るよね?と朝市の会場から歩いて元町まで。

函館山の上にも雲が少ししかなく、明治館を右手に見て予定したコースとは逆行したルートで回ります。

二十間坂から大三坂、石畳を歩きカール・レーモンのソーセージのお店を発見!
「おなかいっぱいじゃなかったの?(;¬_¬)」と夫の白い視線を無視し、焼きたてのソーセージを食べちゃいました。

083


ここは「日本の道百選」に選ばれた美しい坂道です。
086

その後「カトリック教会」


089

「ヨハネ教会」

093

「ハリストス正教会」

100

ここは中に入ってミサを見ることができました。
厳かで静かな空間にガラス窓から光がきれいに差してきていて、まるで神様がそこにいらっしゃるようでした。

八幡坂を横に見、菊泉の趣のある建物を見つつ「旧函館公会堂」へ
テラスから見た景色です。
丘の上にあるので二階からですが遠くまでよく見えます。

109

お庭から見た紅葉とテラス

114

元町公園を通りすぎ、「旧イギリス領事館」へ。
いまいち撮れなかった写真ですが、バラの季節ならばお庭は一面のバラ園になるのでしょうね。

127

二日続けて歩いたのと、日々の運動不足もたたり足がだんだん重くなってくる・・・
とはいえ、車はホテルに置いたまま。
とにかく帰ろう!と必死に歩いて金森倉庫までたどり着き、そこでまた意地汚いおなかの虫がムクムク!
「まだラーメン食べていないし」
「また食べ るの?(! ──__──) 」
という声も無視して「あじさい」で函館ラーメンを食べました。


134

麺は堅めであっさり塩味。
本当においしい!
いつもは汁は飲まない私ですが、あまりのおいしくて半分くらい飲んでしまいました。(^_^;)

まだ帰りまで時間もあるから、もう一回五稜郭へ行かない?というわけでリベンジ五稜郭へ。

150


五稜郭の星形がきれいに見えますが、カメラに入り切れません。(v_v)

138

紅葉もボチボチすすんでいます。

149


顔をつきあわせていると喧嘩の絶えない私たちですが、この二日間、喧嘩もなくとにかくよく歩き、よく食べました。(∩_∩)ゞ
おいしいこと、楽しいことは幸せな気分にしてくれるのよね。

今回の旅行はガイドだけではなく、函館コンシェルジェセンターにいろいろ教えていただきました。
自然も、歴史も、景観も、食事も、何もかも満喫できました。
本当にありがとうございました。

次はあるのかな?(^▽^;)

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

2011/08/02

母娘ソウル珍道中記 雑感

ソウル市内のメトロは日本のそれよりも簡単です。
路線は全て数字で管理され、1号線、2号線となっています。
また駅名の代わりに同じく数字で駅が表示されています。
なので路線図を見て、ここが交わっているからここで乗り換えてこっちだ!とかわかりやすいです。

ただ、面倒なのが切符。
本来内なら1000wで良いのですが、1500w入れて切符を買い、出口を出たところにある精算機で切符を入れ500w返金してもらうシステムなのです。

Img_1191

駅に駅員さんは見あたりません。
全て戸は二重になっていて落下の心配はほとんどありませんし、強引なかけこみ乗車もできません。
車内は寒いくらいエアコンが効いていて広々としており、節電電車になれていた目にはその照明はまぶしいです。

事前に職場の外国人風の目鼻立ちのかわいい奥様から
「韓国へ行くと、韓国人と間違えられて声をかけられるのよ」と聞いていたのですが、駅では3回も何か言われました。
彼女は絶対に間違わないだろうと言うくらい日本人離れしたかわいい人ですが、その人でも間違えられる原因はわかりました。
顔を見ずに電車を待つ先頭に並んでいる人誰にでも「この電車○○へいく?」とお気楽に聞くのです。
(たぶんそう言っていると思えます)

ガイドを持っているときは声をかけてこないけど、ただ並んでいるとうしろから行きなり言ってきて、答えられないと何も言わずに別な先頭に並ぶ人へ声をかけます。

韓国は車が右側と言うこと以外、本当に似ています。
お店のディスプレイも雰囲気似ているし、若い子のファッションも似ています。
テレビの放送も、CMの商品のアピールの仕方も、言葉が聞こえなかったら日本のCMを見ているようでした。

それから観光客には親切です。
ロッテ百貨店近くで声をかけて頂いたように、他の言語ができなくても声をかけてくれます。
もしも日本で外国人が地図を片手にどっちかなぁ?という顔をしていたら、英語に自信がなかったら声をかける人は少ないと思うのです。

毎日面白いことがあって、寝る前に散々笑い転げてから寝るホテル生活でしたが、楽しい二泊三日でした。
数時間しか寝ないで出勤した娘に比べ、根性のない私は今日一日洗濯とゴロゴロ生活です。(^。^;)

それにしても、痩せようと努力してやっと1㎏減らして韓国へ行ったのに、帰ってみたら1㎏増。(v_v)
親子なのにおなかを壊した娘に比べて鉄の胃袋を持っているのかいつも以上に頑丈なおなかです。(笑)

でも海外旅行で必要なのは、健脚と鉄の胃袋と語学は度胸だ!と思ってしまうのですが、甘いでしょうか?(^^;;;

| | コメント (16) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧