陶芸

2019/03/11

出光美術館 染付

久しぶりに出光美術館へ行ってきました。
お教室の先生の奥様から、「これはすごく行きたいのよ!」とお薦めの展示だったのもあって、チケットを頂いた翌日に行ってきちゃいました。(^^;

出光美術館貯蔵の美術品はどれだけあるんだろう?とおもうくらい毎回すばらしい作品の数々が展示されています。
今回も無傷の大きな器や壺の展示があり、古の作家達の息吹がそこから聞こえてきそうでとても感激しました。

出光美術館でよく観られる比較展示がいくつかあり、サンプルを誤解して描いた絵は、柿右衛門を真似たマイセンの時もでしたが、悩みつつ描いた先人の絵付けする姿を思い浮かべて笑ってしまいました。

すばらしすぎて参考にするにはあまりに難しいけど、すばらしい作品を観ることができて感謝です。
チケットを送ってくれた後輩のちかやまさん、ありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/03/04

屋根より低いこいのぼり(^^;

ネットで見た鯉のぼりを真似して作りました。
屋根より低い鯉のぼり(笑)

Img_2497

Img_2500

上が辰砂、下が天竜寺青磁

辰砂は少し濃すぎたようですが、色がきれい。
天竜寺青磁は落ち着いた良い色になってます。

ポピンズさん、どっちが良いですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/07

陶芸

しっかりサボっておりました。(^^;
陶芸には通っていたのですが、あれこれ言い訳ばかりして更新しませんでした。

練り込みの器


Img_2321_2


Img_2323

白土と赤土+白土のろくろでの練り込みです。
このサイズの器は、人数が減った我が家ではちょうど良い。

そして来年の干支。


Img_2312

先日のOG会でやっと皆さんに配ることができました。
OG会の日程と、焼成が合わなくてなかなか渡せませんでした。
これで一巡です。


しかし、いつもにもましてどでかい子になってしまい、作り直しを検討中。
一番ちょうど良かったサイズの子は、帰宅早々耳をクラッシャーの私により破壊されてしまい縁起物故夢の島へ。(v_v)

そして今は、孫用に鍋の時の器と作陶しながら、基礎復讐をしています。
自分ではこれで正しいと思っていた手の位置が間違っていたと判明。(v_v)
来年も初心に戻り基礎からのやり直しの作陶にしていこうと思います。

なんて、来年を語るのはまだ早い?(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/15

練り込み

練り込みの作品がまだ続きます。
今度は3層の粘土をつなげたものを、型に入れて作りました。
使いやすい色で、練り込みの派手さがなくいいなぁと自画自賛。(笑)

Img_2091

よくみればあらがいっぱいなんですけど。(滝汗)

娘から「焼肉のたれ用の器」という、生まれて初めてのリクエストを受け葉っぱの器で作りました。

Img_2095

しかし、こんな小さな器では、たれだろうと、塩だろうとちょっとしか入らない。(v_v)
もっと大きな葉っぱで作るべきでした。

それにしてもこの夏は暑い!
焼肉食べてもりもり頑張りたいけど、胃もたれしやすくなりそれもままならない。
あっちをとればこっちが取れず、なかなかうまくいかないものです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/17

梅仕事と陶芸

久しぶりの更新です。
孫守でお疲れモードです。(^^;

今年は久々に梅仕事をしました。
以前、れいこさんのところで拝見したジップロップでの梅仕事です。

今年は2つの鉢で600gの梅が収穫できました。

塩に漬け、梅よりさらにわずかに収穫できた赤紫蘇を入れたのですが、あまりに少なくてこれだけ(笑)
でも、なんとなくピンクに染まりかけてきました。

Img_2068

そして焼成もまとまってお披露目します。(∩_∩)ゞ

004

初めての練り込みの箸置き

006

同じく練り込みのあじさいとカタツムリ
カタツムリは先生に作っていただきました。
粘土の時はなんだろう?という感じだったのに、焼成し終わったらカタツムリになっていて嬉しかったです。

007

ろくろでの練り込み
以前も作りましたが、細いラインを1本だけ入れたかったのになぜか数本・・・
まだまだ勉強が足らない!

010

そして孫用の器。
を見た人が「わんちゃんの器なの?」と・・・(v_v)
まぁ、わんわんの絵ですけど・・・(;´д`)トホホ





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/07

こぼさない器

先日ネットで「こぼさない器」をみつけました。

これなら作れるかも?
とさっそく先生に相談をして作りました。(∩_∩)ゞ

Img_1887
5つ作ったのですが、一つは焼成したときに他の釉薬が飛んできたため焼成し直しで入院中です。
退院できた4つの器です。
   

Img_1892

ここにとっかかりがあり、自分ですくってもうまく食材がスプーンに載ってくれるのです。

作成した後母が入院し、お見舞いに行ったときに気づいたら母も上手にすくえなくなっていました。

赤ちゃんにも、年配にも必須アイテムかも。

長男の子はそろそろ自分で食べることができるかもしれないし、長女の子もそのうち自分で食べるようになるだろうし、この器が無くても上手に食べられるようになったら母かな?(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/26

焼成

暮れからためていた器が焼けました。(*^-^*)


Ad17cdfae3ee4f0eab2ed84ffd60b263_2

0fc14818f1f5416a846c740ef03f4eff_4




70e8d57946ab407aba3c9b8d0b67f747_3

43bc47ed829443288916bdb0fcb83295_2

娘に差し上げる予定のわんこを割られてしまい、再度作ったわんこたち
お嫁に行っても一年間かわいがってもらってね!(*^-^*)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/01/16

木の葉天目

陶芸を始めたときに出会った陶器で、志野と木の葉天目はいつかどこかで作るチャンスがあったら作りたいと思っていたのですが、その木の葉天目を作ることができました。ヽ(^0^)ノ

Img_1677_2

油的天目と天目に施したムクの木の葉です。

椋の木は上野公園でゲットしてきました。(^^;
風の強い日野翌日に行ったので、たくさんゲットできましたよ。(*^-^*)

上にある電球が映り込んで反射してしまったので見えにくいですが、葉脈がしっかり出ています。

これで飲むお酒はきっと美味しいに違いない!(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/11/18

季節外れの

暖かな日があったかと思えば、今日いきなり冬で着る服にも困ります。(v_v)

そんな中、ベランダの夫の愛する趣味の園芸のいちごが真っ赤に実りました。(笑)

Img_1553

さっそくいただいたのですが、未だかつてないくらい甘くて美味しい!
夫のいちごは昔のいちごの味で酸っぱいものしかないはずだったのに・・・
これは春が楽しみかも。(^^;

そしてお教室に行ったら緋襷のぐいのみとビアカップが焼けていました。

Img_1555

Img_1558

ぐい飲みはお世話になった方へプレゼント用です。
やっぱりいくつか作った方が良いなぁと勝手に妄想。(笑)

わんこは焼けているかと思ったのですが、還元でお願いしたものだったので次回のようです。

これで今年は最後の焼成かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/12

来年は戌年。
早く作らなきゃ間に合わないと、先月作った物が焼けました。

Img_1539

パグは先生作
後ろは試作として作った柴犬のつもりとダックス。
ダックスは鼻と耳が取れてしまった・・・(;´д`)トホホ
柴犬は熊かねずみになってしまう・・・(v_v)
力尽き、この会はここで終了。
残りは家で宿題にしました。

焼成は来月かな?
天竜寺青磁の焼成です。

左の葉っぱは椋の木の葉っぱです。
木の葉天目に向いているそうです。
いま成形中の器に無事に乗せられると良いなぁと密かに妄想中です。(笑)

今年もあとわずかですね。
あまり更新できなかったブログですが、使える器、欲しい器を目指して、来年もボチボチやっていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧